ユーザーはテキストベースのコンテンツの代わりに動画コンテンツを使用するのが好きなので、今、動画はトレンドになっています。そして、動画を必要としていますで、様々な動画作成および編集ソフトウェアツールが毎日新品が出ています。

この記事では、必要に応じて使用できるMac用の最高の5つの動画編集ソフトウェアをリストします。ただし、これについては記事の後半で説明します。まず、Macで動画を変換して編集するための最も強力な機能について説明しましょう。

パート1:Macで動画を変換および編集するための最も強力なツール(強くおすすめ)
動画を変換して編集するための最も強力なツールはDVDFab動画変換for Macです。それは高級な動画変換と編集ツールです。このソフトウェアモジュールは主にビデオフォーマットを変換するためのものですが、同様にビデオに対して様々な編集をするものでもあります。それはおそらく最高のMac用の動画編集ソフトウェアです。

DVDFabは常に新テクノロジーを重視します。DVDFab12バージョンで、macOS Big Sur10.16でVideoToolboxハードウェアアクセラレーションの加速でDVD変換処理スピードを速くします。また、2020年のApple新品であるApple M1で変換速度も上げています。Apple M1はIntel/AMDの全ての同レベルの製品より優れている新しいARMベースのチップだと宣伝されています。

「詳細設定」と「動画編集」は、動画を編集する場合に使用できる2つのオプションです。詳細設定では、ビデオの解像度、フレームレート、コーデック、ビデオ品質、オーディオコーデック、ビットレートなどを変更できます。動画編集では、ビデオのカバーの作成、音楽の追加、テキストの追加、および画像の追加ができます。さらに、明るさ、コントラスト、彩度を編集できます。また、ビデオをクロップしてトリミングすることもできます。

DVDFab 動画変換 for Macを使ってビデオを変換・編集するにはどうすればいいですか?

手順:

1. DVDFab 動画変換 for Macをダウンロードしてください。
下記のボタンをクリックして、無料ダウンロードしてください。

 i  無料ダウンロード    i  無料ダウンロード  

2.ダウンロードしたセットアップを使ってインストールします。インストールしたら、ソフトウェアを実行します。そしてDVDFabのメインユーザーインターフェースが画面に表示されます。

3. 「変換」をクリックしてから、UIウィンドウの中央にある「+」アイコンをクリックして、別の形式に変換したい動画を追加します。

4.動画が選択されたら、ツールに追加します。プロファイルセレクタに行き、変換したいフォーマットを選択してから、「開始」をクリックして変換を開始します。例として、MP4フォーマットのビデオを追加し、それをWMVフォーマットに変換しています。

5.変換プロセスが開始され、数秒後に「プロセスは正常に完了しました」というポップアップが表示されます。

これで、ビデオはWMVに変換されました。

DVDFab動画変換を使って動画を編集するには?

ビデオがツールにインポートされると、「詳細設定」と「動画編集」の下に表示される2つのオプションが表示されます。

DVDFab YouTube 動画変換は本格的な動画変換ではないため、「詳細設定」と「動画編集」はある程度で動画の編集に使用できます。

詳細設定

「詳細設定」では、編集可能なオプションを確認できます。ユーザーは変更を加えることができ、ビデオ/オーディオは編集されます。解像度、フレームレート、コーデック、音量、ビットレートなどを編集できます。

動画編集

「動画編集」をクリックすると、画面上にポップアップウィンドウが開きます。その中で、クロップ、トリミング、明るさ、コントラスト、彩度などのような多くのオプションが利用可能です。それらを利用して動画を編集することができます。

パート2:Mac用の他のトップ5ベスト動画編集ソフトウェア

1. Apple iMovie
Apple iMovieは、アップルオリジナルのビデオエディタです。これはフリーウェアであり、Macのすべてのバージョンで利用可能です。動画にフィルタや様々な効果を追加できます。 オーディオ編集も同様にすることができます。またそれを使って映画の予告編を作成することもできます。さらに、それは個人/中小企業用の編集ソフトです。ただし、複雑な動画編集はできません。これは、Mac用の最高の無料の動画編集ソフトウェアです。

長所:

  1. 解像度を低くすることができ、更に4Kビデオの編集に使用できます。
  2. すべてのAppleデバイスに対応しています。

短所:

  1. 出力制御が少ない。
  2. 選択できるエフェクトが制限されています。

2.Avidemux
AvidemuxはMac用の動画編集ソフトウェアの1つで、トリミングやカットをすることができます。派手なワイプやトランジションはありません。ビデオからノイズを除去するためのフィルタがあります。これの最も良い特徴は、オーディオ/動画のエンコーディングをより制御しやすいために素晴らしいエクスポーラーを提供するということです。

 

長所:

  1. UIがわかりやすく、また使いやすい。
  2. 様々なフォーマットに対応しています。

短所:

  1. 編集機能が制限されています。

3. Lightworks
Lightworksは、お金をかけずにハイエンド機能を提供する、Mac用の最高の無料ビデオ編集ソフトウェアの1つです。動画編集に慣れていない場合は、このツールをすぐに利用するのは難しいかもしれません。動画への音声の追加、トリミング、リアルタイム効果、色補正、マルチカム編集の傾斜などの多くの機能があります。

Mac用のフリーソフトウェアであるにもかかわらず、それはすべての動画作成者が持っているべきな機能パックツールです。

長所:

  1. あらゆる方法で動画を編集するための高級機能があります。
  2. マルチカム編集もサポートしています。

短所:

  1. 最初、インターフェースは使いにくいかもしれません。

4. OpenShot Video Editor
OpenShotはMac用のもう一つの素晴らしい動画編集ソフトウェアです。ただし、最初は、少し余分な設定が必要です。たとえば、アニメーションタイトルを使用するために、別のアプリBlenderをダウンロードする必要があります。これ以外に、それは本当にMac用の最高のビデオエディタの一つです。 タイムラインベースの編集、特殊効果、3Dタイトル、オーディオミキシング、ビデオミキシング、色補正、拡大縮小、トリミング、回転などの優れた機能を提供します。Mac用の優れた無料動画編集ソフトです。UIは分かりやすくて使いやすいです。

長所:

  1. シンプルでわかりやすくて使いやすいインターフェース。
  2. 高級な編集機能。プロの動画編集ソフトとして使用できます。

短所:

  1. 特定の機能を使用するには追加設定を必要とします。

5. DaVinci Resolve
DaVinci Resolveは無料で使うMac用のプロの動画編集アプリです。有料版と無料版両方がありますが、両方の間に大した差がありません。いくつのささやかな違いのみがありますが、常に気すら付かない程度の違いです。

それはすべての必要なビデオ編集機能を備えた機能満載の動画編集ソフトです。3D編集粒子システムによって、ビデオを編集することを可能にし、そしてプロの出力を得ます。

長所:

  1. プロなビデオ編集をするための、高級でプロフェッショナルな機能を備えます。
  2. 無料版と有料版の違いはほとんど気づきません。

短所:

  1. インターフェースは、最初は大変に見えるかもしれません。

結論
Mac用のビデオ編集ソフトウェアは、ビデオ制作ビジネスをしているMacユーザーに必要です。たくさんのビデオ編集ソフトがいますが、すべてが標準に到達しているわけではありません。 この記事のリストには、最高のものしか選択しません。特にDVDFab動画変換for Macがおすすめです。

また、iPhone上のビデオを編集したい場合は、iPhone用のトップ5ベストビデオ編集アプリを参照してください。