動画は単な文字情報より大いに需要が見込んでいますので、最近では動画編集が流行る傾向にあります。そのため、より多くの方が動画を作成するだけでなく、よりプロフェッショナルの作品を完成するように動画編集も行われています。通常であれば、その目的を達成するには、コンピューターにWindowsまたはMac環境向けの動画編集ソフトをインストールしなければなりません。幸いなことに、オンラインで動画をトリミングできるサイトがたくさんありますので、そこで提供している動画編集機能を利用すれば、わざわざPCにソフトウェアをダウンロードする必要もなくなります。
 

目次

Part 1: 高度な動画変換・動画編集ソフト

1.VideoCruise

2.DVDFab 動画変換

Part 2: 最も使いやすい動画編集オンラインサイト10選
1. Movie Maker Online
2. PowToon
3. ClipChamp Create
4. Adobe Spark
5. Kizoa
6. Online Video Cutter
7. Video Toolbox
8. WeVideo
9. Magisto
10. Loopster

まとめ

Part 1: 高度な動画変換・動画編集ソフト

1.VideoCruise

VideoCruiseはWindows向けの最高の動画編集ソフトウェアの1つであり、どのようなスキルレベルでも、プロフェッショナルで素晴らしいビデオクリップを作成するのに役立ちます。この無料のビデオ編集ソフトウェアは、画像を含むメディアファイルを処理するように特に設計されています。また、ビデオ、オーディオファイルに加え、トランジション、特殊効果、音楽のカスタマイズ、音量の調整など、多くの効果が付属しています。初心者にも専門家にもかかわらず、動画編集をチャレンジしたい方なら、このソフトで個性的な動画を編集して、またwmv / mp4 / movなどの形式で出力することができます。かつて、YouTube、Facebookなどのソーシャルサイトに投稿することも可能です。

VideoCruiseの機能:

基本的な編集機能はツールバーで行います:

結合:複数の動画ファイルを連結して一つの動画に結合することができます。

トリム:動画の一部をカットすることで、ビデオフレームのサイズを変更したり、トリム機能により動画を分割したり、不要な部分を削除したりすることができます。

クロップ:動画は任意のフレームサイズでトリミングできます。これにより、元のビデオフレームが縮小され、不要なシーンやオブジェクトがビデオやムービーから削除されます。

回転 :回転機能を使えば、間違って撮影されたビデオを正しい方向に回転して修正できます。

②個性的な編集機能は左側の編集ツールでカスタマイズできます。具体的な効果は以下のように:

・オーディオ:mp4動画にオーディオを添付できます。

・テキスト:ビデオの必要な部分にタイトルや字幕を追加できる。

・フィルター:動画画面のフィルターを変えて雰囲気を作る。

・オーバーレイ:もっと個性的にカスタマイズできる。

・画面切り替え:様々な画面転換の効果がある。

・オンライン素材:ステッカーやオープニング動画を追加できる。

2.DVDFab 動画変換

プロ級の動画編集が必要な場合は、動画を変換するための最高のツールであるDVDFab 動画変換に搭載された高度なオプションをぜひお試しください。DVDFabに内蔵されたこのモジュールを用いれば、どんな動画でも任意のフォーマットをMP4、AVI、FLVのような人気のある動画フォーマットまたはiPhone 、iPad、サムソン、ソニーなどのデバイスに特定される動画形式に変換することができます。また、動画ファイルから音声を抽出し、MP3、AAC、M4A、FLACを含むあらゆるオーディオ形式で保存可能です。編集機能に関しては、動画の彩度、明るさ、またはコントラストの調整だけでなく、必要に応じて動画をクロッピングしたり、トリミングしたり、回転したりすることも可能です。さらに、このツールを使用して動画に字幕を追加することもできます。

 

Part 2: 最も使いやすい動画編集オンラインサイト10選

この部分では、トップ10の最高の無料動画編集オンラインサイトを紹介します。次の場合は、これらの無料のオンライン動画編集 サイトを使用できます。

・時間を節約したい

・PCには何もインストールしたくない

・基本的な動画編集だけをしたい

・あまり生産性を望んでいない

・時々動画編集をする。


1. Movie Maker Online
Movie Maker Onlineは、コンピューターにソフトウェアをインストールせずにオンラインで動画を編集するために使用できる素晴らしい動画編集 webサイトです。ユーザーは、動画、音声及び画像を組み合わせて動画を簡単に作成できます。このサイトに、クロップ、ビデオフィルタ、オーディオとビデオのフェードオプション、テキストオーバーレイ、トランジションなどの多彩な動画編集ツールが提供されています。また、コレクションからロイヤリティフリーの音楽や画像を追加したり、様々なフィルタを使用して、動画の外観を変更したりすることができます。しかし、Movie Maker Onlineには人を不愉快させる点は、広告です。このオンライン動画編集ツールは多くの広告を掲載するに加えて、広告ブロッカーも検出します。このサイトを利用するには、コンピューター上にインストールされた広告ブロッカープラグインを無効にする必要があります。

Movie Maker Online 動画編集サイトの使い方:

1. コンテンツの追加:Webページの上部における「Videos Photos Music」ボタンをクリックして、自分のメディアファイルをインターフェイスに追加します。また、Webサイトにある「Free Music」と「Free Photos」をクリックすると、当サイトが提供している音楽と写真を利用することができます。

2. アップロードされたコンテンツををクリックして、「Tools」アイコンを利用してそれぞれのエディターを開きます。動画エディターを開くと、ビデオをトリミングする開始時間と終了時間、ボリューム設定、再生速度、ビデオを逆再生に切替、画面の回転などを指定できるセクションが表示されます。
3. 同様に、音声エディターと画像エディターを開いて、それぞれのコンテンツを編集することができます。 いったん編集が完了したら、「Save」ボタンを利用して、すべての作業が表示されているホームページに戻ります。

4. ビデオタイムラインの適切な場所にメディアをドラッグするには、ファイルにカーソルを合わせ、「Pin」アイコンを使用してドラッグを有効にする必要があります。「Back」では、画像または動画の両方を使用して、メインタイムラインの前後にドラッグ可能です。

5. 必要に応じて、すべてのファイルがタイムラインの適切な場所に配置されたら、「Make Video」ボタンを使用して、出力メディアの生成を開始します。

出力動画の処理には時間がかかりますが、プロセスが完了すると、ビデオをダウンロードできるボタンが現れます。 Movie Maker Onlineを使用してオンライン動画編集をする方法は他にもたくさんありますので、いろいろ試すたびに、常に新しい発見を楽しみましょう。

2. PowToon
PowToonは、動画の作成と編集を提供する最高の無料スライドショーを作成できるオンライン 動画編集サイトの1つです。これは非常にシンプルで、豊富な図面を提供しているため、説明ビデオを作成するのに最適なツールです。ちなみに、このツールの無料版では、45秒のビデオを作成することができます。


3. ClipChamp Create
Google Chromeブラウザでのみ動作するClipChamp Createは無料動画編集と有料の動画編集を提供するもう一つの動画をカットできる素晴らしいサイトです。ClipChamp Createは、動画編集、コンプレーサー、変換、ウェブカメラレコーダーなどの様々なモジュールを提供していますが、無料版の場合は一部の高度な機能を欠いています。「動画編集」モジュールを使用するには、まず登録が必要となります。 そうしたら、PCから動画を追加して、トリミング、カット、分割、反転、トリミング、フィルタ、トランジションなどの機能を使用して編集できるようになります。

ClipChamp動画編集サイトの使い方:
1. 「シザー」アイコンを使用して、動画の分割を行います。タイムライン上にある白いハンドルを分割したい位置にドラッグしてから、「シザー」ボタンを押します。
2. タイムラインから任意のセクションを選択すると、他の編集オプションが表示されます。このツールには、動画のサイズを変更したり、再生速度を調整したり、画面を回転または反転したりなど、さまざまなセクションが用意されています。
 3. 「Color」セクションを使用すれば、ビデオの露出、色温度、彩度が調整可能になります。 また、「Volume」セクションでは、11のフィルターから1つを追加したり、フェードイン/アウトを行ったりなどのオーディオボリュームを変更できます。
最後に、ClipChampで動画のオンライン編集が完了したら、「Export Video」ボタンを利用して完成した作品をダウンロードしてみましょう。

4. Adobe Spark

Adobe Sparkは、グラフィックや動画を作成するための信頼できる動画編集 オンラインWebです。Adobe Sparkには動画調整ツールはあまり用意されていませんが、動画、グリーティングカード、Instagramの投稿をを作成するために使用することはできます。また、PCからの音声注釈の記録、タイトルの追加、音楽の追加、そしてカラーテーマの適用などもできます。Adobe Sparkには、動画を作成するための独自のテンプレートセットも用意されています。動画作成の場合は、Adobe Sparkのテンプレートから始めるか、あるいは最初から始めるかの2つの選択肢がありますが、素晴らしい動画を作るために画像、オーディオ/ビデオクリップをアップロードすることができます。このツールは、ソーシャルメディア用の動画を作成するのに最適ですが、作成された動画には小さなAdobe Spark透かしが付いていることをご注意ください。


 

5. Kizoa
Kizoaは、エフェクトとトランジションを使った基本的な動画編集機能を提供するフラッシュベースの無料オンライン動画編集ツールです。用意されている動画トリミング、回転などの動画編集ツール、 数百種類の特殊効果やアニメーションと数十種類ものテンプレートを使って、簡単におしゃれなスライドショーや動画を作成するができます。作成した動画は、YouTubeなどのソーシャルメディアサイトにアップロードして共有できます。またKizoaWebサイトでアカウントを作成するように強制されません。ただし1つの不足として、無料版の場合は出力動画に透かしを残ることが残念です。


6. Online Video Cutter
Online Video Cutterの名前にこだわらずに、この動画編集 オンラインサイトは動画をカットするためだけのものではなく、それ以上の機能もバッチリ備わっています。動画に対して基本的なトリム、回転、およびクロップなどの機能を搭載しています。それは非常に簡単な動画編集ツールですが、とても便利です。動画を編集すると同時に、動画をMP4、FLV、AVI、3GP、またはMPG形式に変換してダウンロードすることも可能です。さらに、動画のサイズを変更することで、ビデオ画質も自由に指定できます。しかし、最大500MBまでの動画を処理でき、 小さな動画を編集する方におすすめします 。


7. Video Toolbox
Video Toolboxは、オンラインで動画を編集し、多様な機能が搭載された無料でmp4を編集できるもう1つの卓越のサイトです。編集前に動画に関する詳細情報を表示し、最大1.5GBのサイズの動画を扱うことができます。クロップ、トリム、回転、マージなどの基本的な動画編集ツールがすべて提供されています。Webカメラを使用してビデオオーバーレイを記録したり、ビデオから音声を抽出したり、ビデオや映画から字幕を追加または抽出したりすることができます。総合的から見れば、これは、ほとんどの無料のオンライン動画編集ツールが提供できない基本的なツールと高級なツールを備える優れたオンライン動画編集ソフトです。ただ、このサイトは、日本語に対応してません、使い方も少し分かりにくい 。


8. WeVideo
シンプルなインターフェースおよび高度な機能を提供していることで、WeVideoが最高のオンライン動画編集サイトの1つであることは揺るぎません。モーションエフェクト、シーン間のトランジション、さらにはグリーンスクリーンも設定することができます。また、その優れた機能には、写真アニメーション、クリップ変換、ナレーションも含まれています。クラウド上に保管されている動画に対して、WeVideoを使って編集してから、出力ファイルをダウンロードするか、もしくはクラウド上に保存できます。無料版には、1GBのクラウドスペースおよびアップロードする動画の解像度が480Pしか保持できないなど、いくつかの制限があります。


9. Magisto
Magistoはビデオクリップの編集機能を提供するもう1つのオンライン動画編集ツールです。プロのエディターではないものの、ビデオにタイトルやサウンドトラックを追加するなどの特定作業を行うことに適しています。
 


10. Loopster
Loopsterは、オンライン動画編集に使用するとても便利で無料の動画編集サイトです。 このインタラクティブなツールを利用すれば、初心者でも効率的に使いこなし、お気に入りの動画を容易く編集することができます。


まとめ
動画編集とは、正しいツールを持っている場合だけの楽しいことなので、適切なツールを持っていなければ、それは良い気分にはなりません。したがって、このベスト動画編集 オンラインサイトのリストから、ご要望に合わせて最適なものを選んではじめて、オンラインでの動画編集を楽むことができます。前文に述べたのが、あくまでもトップのオンライン動画編集に関するツールですが、動画変換するためのものを探している場合は、mp4変換サイトをご参照にしてください。