誰でもYoutuberになれる時代、クリエイティブな動画を作ればあなたも人気なYouTuberになれます。世界中の人々をファンにする動画を制作するにはどんな動画編集ソフトを使えばいいでしょう?

パソコンで動画素材を編集できるソフトウェアを動画編集ソフトと言います。テロップやBGMの挿入、動画のカットができ、自分で好きなように編集可能です。有料のものもありますが、初心者であれば無料の動画編集ソフトを活用すれば手軽に使い心地を試せるのでおすすめです。

しかし、数多くのソフトから自分に合うものを見つけるのは難しいです。

そこで、初心者にもおすすめのWindows向けの動画編集ソフトをランキング形式でご紹介していきます。

Windows向けの動画編集ソフトランキング

第1位:Videocruise(ビデオクルーズ)

Windows向け動画編集

多くの機能を搭載しているVideocruise(ビデオクルーズ)では、結合、分割、音声デタッチ、音ズレ補正、逆再生、字幕作成、PIP、クロップ、フリップとミラー、回転、速度調整といった機能を使って動画が編集できます。

字幕や効果音、ナレーションの追加や背景設定、モザイクかけやクロマキー合成、文字起こし、光や雨だれなどの特殊エフェクトもあり、自分が思うままに希望通りの動画を作成できます。

videocruiseは機能が豊富な点が最大のメリットです。
選択肢が多い方が良いと考えているならvideocruiseがおすすめでしょう。
体験版もあるので手軽に利用できます。編集ソフトに共通の使いにくい点もない、初心者にも扱えやすい。

ロゴに気にしなければ、無料でほとんどの機能が利用されます。高度機能で編集技術がすごい動画を作りたいなら有料版がおすすめです。

なお、ご購入の時、videocruise 単品よりDVDFab 動画変換 Proのほうがおすすめ、なぜなら無敵に安いからです。DVDFab 動画変換 Proはvideocruiseと動画変換とToolkit3つの製品が含まれますが、videocruise単品より安い!

次のボタンをクリックしてそれぞれVideocruiseとDVDFab 動画変換 Proを無料ダウンロードしましょう。

Videocruseを無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)
DVDFab変換Proを無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)

第2位:shotcut(ショットカット)

Windows向け動画編集

4K動画や複数のファイルを合成するといった機能も搭載している高機能な動画編集ソフトです。

  • クリップのトリミング
  • クリップの分割
  • テキストの追加
  • クロマキー合成
  • 再生速度調整
  • 逆回転再生
  • 色反転
  • インターレース解除
  • 動画を音声と映像に分ける
  • 動画からの音声の抽出
  • 動画をGIFにする

といった機能が無料で利用できます。

有料ソフトに近い性能なので、高品質で本格的な動画を作成できるでしょう。
ただし、機能が多い分、操作が難しいと感じる人もいます。

初心者よりも中級者向けのソフトと言えますが、操作に慣れれば美しい動画を自分で作成できるので、初心者向けのソフトに慣れてから活用しても良いでしょう。

もっと知りたい場合は、shotcut のダウンロードと使い方を参照してください。

第3位:Lightworks(ライトワークス)

Windows向け動画編集

元々は有料ソフトだったLightworks(ライトワークス)ですが、現在は会員登録を行えば無料で利用可能です。

  • 動画のカット
  • 再生速度調整
  • テキストの追加
  • テロップの追加
  • 音量調整
  • カラー補正
  • 音楽の追加
  • エフェクト機能(100種類以上)

といった機能が搭載され、プロも使用している動画編集ソフトです。

本格的な動画を無料で作成したい人に向いているでしょう。
ただし、中級から上級者向けのソフトです。

利用するには高度な編集スキルを持っていた方が時間をかけずに作成できるので、ある程度の知識を習得してからの活用をおすすめします。

第4位:Wondershare Filmora(ワンダーシェアー フィルモア)

Windows向け動画編集

4,000種類を超える編集素材を持つWondershare Filmora(ワンダーシェアー フィルモア)は、YouTuberにも人気のソフトです。

  • ハイライト自動検出
  • キーフレーム
  • モーショントラッキング
  • オーディオダッキング
  • カラーマッチ
  • クロマキー合成
  • ノイズ除去

などの様々な機能があります。

4K動画編集もできるので、映像美にこだわった動画が作れます。
初心者でも手軽にできる操作性も魅力で、編集作業に不安を抱えている人にも安心です。

第5位:Windows ムービーメーカー

Windows向け動画編集

マイクロソフトが無料で配布しているWindows用の動画編集ソフトです。

  • テキストの追加
  • 動画のカット
  • 明るさ設定
  • 特殊効果
  • 画像の拡大
  • 画像の縮小
  • 動画再生速度変更
  • 手振れ補正
  • BGMの追加

などが行えます。

機能はそれほど多くありませんが、スマホで撮影した動画をWindowsのパソコンで編集できます。シンプルな操作性なので初心者でも手軽に編集できるでしょう。

ただし、Windows ムービーメーカーはWindows 8.1まで対応のソフトです。Windows 10以上には対応していないので気を付けましょう。

ネットを検索するとWindows 10でもムービーメーカーをダウンロードする方法が出てきますが、マルウェア、ウイルス、見えないコストが含まれている可能性があるので注意してください。

もっと詳しくは、Windowsムービーメーカーのインストール方法から機能・使い方を解説!を参照してください。

第6位: PowerDirector Essential(パワーディレクター エッセンシャル)

Windows向け動画編集

数ある動画編集ソフトの中で7年連続国内販売シェアNo.1を誇っているソフトが PowerDirector(パワーディレクター)です。

PowerDirector EssentialはPowerDirectorの無料体験版です。3,000種類以上ものエフェクトとテンプレートがある他、640万点以上もの動画や写真、音楽素材を搭載しています。定期的に機能が追加するので、新しい機能を使用して動画を作成できます。

また、編集ツールにはAI技術が搭載されています。初心者だと編集に不安もあるでしょうが、AI技術がサポートしてくれるので安心です。ただし、AI技術はまだ成熟していないため、動画処理に時間がかかるでしょう。

ただし、より充実した機能を使いたい場合は有料版を購入する必要があります。

第7位:Avidemux(エーブイアイデマックス)

Windows向け動画編集

Avidemux(エーブイアイデマックス)は、AVI、MPG、ASF、MKV、MP4、3GPなどの多様なフォーマットに対応している点が魅力です。

  • 動画の連結
  • 動画のカット
  • 音声の抽出
  • 圧縮
  • フィルタ
  • 黒ベタ追加
  • 音ズレ補正
  • ロゴ除去
  • 色調補正

といった機能があります。

DVDへの書き込みには対応していません。
もっと詳しくは、Avidemux の使い方を参照してください。

第8位:WindowsOS付属のフォト

Windows向け動画編集

編集ソフトの購入で迷っているのなら、まずはWindowsOSに付属しているアプリの「フォト」で動画を作成するのもおすすめです。スタートメニューにある「ビデオエディター」や「フォト」から動画編集を開く方法と動画ファイルから「フォト」を開く方法の2種類があります。

動画ファイルから開き、メニューにある「編集と作成」をクリックすれば編集項目が表示され、トリミングやテキスト入りビデオの作成などが行えます。その他にも、トリミングや動画の一部分をスローモーションにする、エフェクト効果の追加が手軽にできる仕組みです。

大量にある動画のデータ整理にもおすすめでしょう。

第9位:VideoPad(ビデオパッド)

Windows向け動画編集

シンプルな操作性で使いやすいので初心者に向いている動画編集ソフトです。

  • 動画の分割
  • 動画の結合
  • 手振れ補正
  • テロップの追加
  • 50種類以上のエフェクト

などの機能があり、360度動画の文字入れやレイヤー画像挿入も可能です。

出来上がった動画は、DVDに書き込める他、動画ファイルに保存すればPSPやiPod、iPhoneでの再生も可能です。家族や友人とシェアし、動画鑑賞を楽しめるでしょう。

ただし、高度な機能が他のソフトよりも少ない点がデメリットです。
より充実した機能を求めるのなら、違うソフトの使用を検討してみてください。

第10位:(ブイエスディーシー フリービデオエディタ)

Windows向け動画編集

Multilab LLCが開発したソフトで、360度動画や3Dビデオ編集も可能です。

  • 動画のカット
  • 動画の分割
  • 回転や反転
  • サイズ変更

などの機能が使えます。

上記以外にも編集機能は複数ありますが、操作性が悪い点がデメリットです。
操作慣れしていない初心者だと編集作用が難しく感じる場合もあるので注意してください。

動画編集ソフトの選び方

動画編集ソフトを選ぶ際に、失敗しないためのポイントもご紹介します。
上記ランキングからソフトを選ぶ際もこちらもポイントを考慮しながら選んでみましょう。

使っているパソコンを確認する

使用しているパソコンのOSによっては対応していないソフトも存在します。
また、低スペックのパソコンだと動きが遅くなり動画編集に影響を与えるケースもあります。
スムーズに編集するためにも動作環境のチェックは忘れずに行いましょう。
体験版を試すと正常に動くか確認できます。

ファイル形式をチェック

撮影する機材や再生方法によってファイル形式に違いがあります。
YouTubeに動画をアップしたい時には、MPEG4やAVIといったファイル形式に対応するソフトである必要があるので注意してください。

機能を確認する

ソフトによって搭載されている機能に大きな差があります。

動画のカットやテロップの挿入、再生速度の変更といった基本的な操作は、多くのソフトに搭載されています。

  • 4K動画対応
  • DVDへの取り込み
  • Blu-rayへの取り込み
  • 360度動画の編集
  • 縦動画の編集
  • マイク音声の録音
  • 画面録画 など

このような細かい機能はソフトによって搭載されていないケースもあります。

ソフトのホームページを見ると機能に関する情報が掲載されているのでチェックしてみましょう。
ただし、より多くの機能を求めるなら有料動画編集ソフトの購入を検討してみてください。

安心して使えるか

信頼性の高いものでないと安心して利用できません。無料の編集ソフトのなかにはウイルスが隠れている危険性もあります。全てのソフトに脅威があるわけではないので、信頼性の高さを知るためにも口コミを参考にするのもおすすめです。多くの人が使っているソフトであれば安心度が高いと言えるので、利用者の多さを参考にしてみましょう。

今回は、無料動画編集ソフトランキングTOP10をご紹介してきました。
ソフトによって機能の種類や多さに違いがあり、メリット・デメリットがあります。
選ぶ際には、windows10やwindows11といった使うパソコンのスペックに合わせたソフト選びが重要です。
自分が使いたい機能があるか、動画をアップしたい場所のファイル形式に対応しているかなどもチェックして、上記を参考にしながら最適なソフトを選びましょう。