セルフメディア時代の到来に従って、ビデオ編集も私たちの生活の中で不可欠な部分になりました。ビデオコンテンツを改善し、豊かにするために、Windowsに最適なビデオ編集ソフトウェアを見つけることは大切です。また、Windows用の無料のビデオ編集ソフトウェアが数多くあり、最も基本的でありながら必要なツールが付属しているだけでなく、強力な機能やいくつかの魅力的な機能さえも備えています。


以下に、参考のためにWindows用の無料のビデオエディタのリストをまとめました。 ちなみに、これらすべてのビデオエディターは、私たちが見つけた最も用途の広い編集ソフトウェアです。

ガイドライン:

1.Windows専用のトップ無料動画編集ソフトウェア
1-1.VSDC Free Video Editor
1-2.VideoCruise
1-3.Microsoft Photos
1-4. Freemake Video Converter

2.Mac専用の無料ビデオ編集ソフトウェア
2-1.iMovie
2-2. Kdenlive

3.Windows / Mac / Linux向けの最高のビデオ編集ソフトウェア
3-1.Openshot
3-2. Lightworks
3-3. Shotcut

1.Windows専用のトップ無料動画編集ソフトウェア

1-1.VSDC Free Video Editor
  VSDC Video Editorには、無料バージョンと有料バージョンの両方があります。
  Windows用の無料のビデオ編集ソフトウェアであるため、色補正、マスクツール、オーディオ編集、グリーンスクリーンエフェクト用のクロマキー機能など、完全なビデオ編集スイートが付属しています。有料版にアップグレードすると、ビデオの安定化、強力なポストプロダクション効果、3Dダイアグラムテンプレート、ダイレクトソーシャルメディアパブリッシングなど、より多くの機能を楽しむことができます。一言で言えば、VSDCは最高のWindows用の無料ビデオ編集ソフトウェアの1つです。

・価格:無料版 / Proバージョン19.99ドル
・機能:①ビデオの見栄えを良くするために色を修正する
    ②特定の要素を非表示、ぼかし、または強調表示するためのマスクツール
    ③YouTube、Facebookなどのソーシャルサイトに投稿する
    ④一連の移行効果


1-2.VideoCruise
  数多くの自分で撮った写真やビデオを編集するには最適化にするソフトウェアです。https://ja.dvdfab.cn/videocruise-video-editor.htmVideoCruiseはWindows向けの最高のビデオ編集ソフトウェアの1つであり、どのようなスキルレベルでも、プロフェッショナルで素晴らしいビデオクリップを作成するのに役立ちます。この無料のビデオ編集ソフトウェアウィンドウは、画像を含むメディアファイルを処理するように特に設計されています。また、ビデオ、オーディオファイルに加え、トランジション、特殊効果、音楽のカスタマイズ、音量の調整など、多くの効果が付属しています。

・価格:無料版 / 年間54.9ドル
・機能:①ビデオの見栄えを良くするために色を修正するトリミング、カット、マージ、分割などによってビデオを編集します。
    ②PC、カムコーダー、DVカメラ、携帯写真などからメディアファイルをインポートします。③YouTube、Facebookなどのソーシャルサイトに投稿する
    ③テキストアニメーションの作成、スタイリッシュなフォントの設定、ビデオへの明瞭さとスタイルの追加など、さまざまな効果。


1-3.Microsoft Photos
  Microsoft Photosは、人々が写真を編集できるように設計されています。しかし、その名前にだまされてはいけません。写真を編集の以外に、フィルター、テキスト、カメラモーションエフェクト、音楽の追加など、いくつかの基本的な機能の助けを借りてビデオやムービーを編集するために使用することもできます。そして、このビデオ編集ソフトウェアの最も優れた機能は、使いやすい機能とインターフェースです。これにしたがって、初心者でビデオ編集の経験がない場合もMicrosoft Photosを試すことができます。

・価格:完全無料


1-4. Freemake Video Converter
  Freemake Video Converterは、ビデオ編集の初心者に良いソリューションです。この無料のWindows用ビデオ編集ソフトウェアは、主にビデオの変更と変換、ビデオクリップからのオーディオトラックの抽出、およびビデオのWebサイトへの埋め込みに使用できます。特に、500以上のビデオフォーマット間でビデオを変換できることは注目に値します。その上、Freemake Video Converterは非常にシンプルで使いやすいです。

・価格:無料
・機能:①字幕付きの映画を変換する
    ②ビデオクリップの切り取り、結合、回転


2.Mac専用の無料ビデオ編集ソフトウェア 

  上記は、Windows用の無料のビデオ編集ソフトウェアについて多くのことを話しました。 Macでのみ使用されるビデオ編集ソフトウェアを探している場合は、いくつかの選択肢を準備しました。

2-1.iMovie
iMovieは、最高の無料のYouTubeビデオエディターとして広く認められています。非常に直感的に使用でき、ドライブからワークステーションにメディアファイルを追加するために使用するドラッグアンドドロップインターフェイスを備えています。パワフルな動画を作成してYouTube動画を後押しする簡単な方法です。Macユーザーは、このビデオエディターを利用して、基本的なビデオ編集スキルを学ぶことができます。

・価格:無料
・機能:①画面を分割する
    ②あらかじめ作成されたトランジションのライブラリ
    ③クラウドストレージ機能
    ④組み込みの音楽、効果音、ナレーション

2-2. Kdenlive
  Kdenliveには、マルチトラック編集、キーフレームエフェクトなど、プロのビデオエディターが使用できる多くの魅力的で堅牢な機能が備わっています。 つまり、このビデオ編集ソフトウェアは、初心者が処理するには強力すぎる可能性があります。

・機能:①強力なビデオ編集機能。
    ②プロの動画を制作する


3.Windows / Mac / Linux向けの最高のビデオ編集ソフトウェア

3-1.Openshot
  OpenShotは、無料のオープンソースプログラムとして広く受け入れられています。これは、初心者に多くのメリットをもたらす直感的なインターフェースで設計されたWindows、Mac、およびLinux用の最高の無料ビデオ編集ソフトウェアの1つです。また、Windows用の無料のビデオエディターですが、基本的な機能と高度な機能の両方の多くの機能も含まれています。 具体的には、基本機能には、サイズ変更、スケーリング、トリミング、スナップ、回転などがあります。 高度な機能は無制限のレイヤー、ビデオトランジション、リアルタイムプレビューなどです。

・価格:無料
・機能:①ドラッグアンドドロップインターフェイスにより、ビデオ、オーディオ、または画像ファイルを簡単にロードできます。
    ②明るさ、ガンマ、色相、グレースケールなどのデジタルビデオパラメータを調整します。
    ③グリーンスクリーン効果のためのクロマキー機能。
    ④アニメーション動画を作成するための強力なキーフレームアニメーション機能。
    ⑤透かし、背景ビデオ、オーディオトラックの無制限のレイヤー

3-2. Lightworks
  Lightworksは、市場で最高の無料のWindowsビデオエディターの1つです。直感的なインターフェースで使いやすい上に、ビデオトリミング、マルチカム編集、多数のビデオ形式のサポート、720pをYouTubeにエクスポートする機能など、多くの便利な機能を確実に搭載しています。

・価格:価格:無料 / Proバージョンは$ 24.99 /月
・機能:①幅広いビデオ形式をサポートします。
    ②新しいコンテンツをインポートしながらビデオコンテンツを編集します。
    ③リアルタイムの連プロジェクトの共有ができます。
    ④マルチカム編集
    ⑤多くのビデオフォーマットをサポート


3-3. Shotcut
  最高の無料のウィンドウズビデオエディターを探しているなら、無料でオープンソースのプラットフォームであるShotcutは素晴らしいソリューションです。 Shotcutは元々Linux用に設計されましたが、開発により、WindowsおよびMacシステムでも使用できるようになりました。 このWindows用の無料ビデオ編集ソフトウェアは、幅広いビデオ形式をサポートしています。 多数のビデオ形式をサポートすることに加えて、このビデオエディターには、4K解像度のサポート、タイムライン編集などのその他の適切な機能があり、エディターにビデオをインポートする必要がないため、時間を大幅に節約できます。

・機能:①利用可能な無数のビデオフォーマット。
    ②ネイティブタイムライン編集
    ③4K解像度のサポート
    ④インターレース、色補正などの多くのオーディオおよびビデオ効果

まとめる

  この記事は、Windows用の無料のビデオ編集ソフトウェアには非常に多くのオプションを紹介いたしました。これを参照して、ビデオエディターごとに長所と短所があることを考慮して、最適なソフトウェアを試してみることができます。 そして、今こそビデオコンテンツをより高いレベルに引き上げる時です。