10ビットカラーとは何ですか?

2019-05-16 05:57:05



10ビットカラーの専門用語に言及前に、最初に色のビット深度に関する意味を紹介する必要があります。 技術的に言えば、ビット深度は、静止画像であろうとビデオ画像からのフレームであろうと、画像に格納できる色の数を決定します。 各画像は、赤、緑、青の基本チャンネルで構成されています。 各チャンネルは、適切な色の様々な色合いを表示することができる。色合いの数は画像のビット深度を決定します。

1ビットの奥行き画像は、カラーチャネルごとに2つの色合いがあることを意味します。8ビット画像は赤、緑、青との2の8乗の色合いを意味します。これはチャネルごとに256の異なる値です。これらのチャンネルをマージすると、約1600万の256色×256色×256色を組み合わせることができます。同様に、10ビット画像の各チャンネルは1024色合いを有して、これは数十億の色組み合わせを意味する。

 

DVDFab 10の10ビット変換プロファイル

 

現在、市場にあるほとんどのデスクトップモニター、ラップトップ画面、モバイルデバイス画面、またはメディアプロジェクタでは、8ビットの奥行き画像が表示されています。10ビットの色深度で画像を表示できるのはほんのわずかです。 一方、人間の目は、8ビット画像と10ビット画像との間の違いをほとんど見ることができない。 つまり、スマートテレビやプロジェクタなどの10ビットの色深度を表示できるビデオデバイスがある場合、DVDFabを使用してDVD、Blu-rayとほかのビデオを10ビット色深度のビデオに変換できます。

最強の動画変換ソフトウェア--DVDFab 動画変換

① あらゆるメディア形式を任意の動画、または音声形式に変換可能
② 再生デバイスによる幅広い出力プロファイルを用意
③ 変換する同時にノンリニア編集機能を利用可能
④ 高速な変換を提供
⑤ 動画ダウンローダーと連携して、1000以上のサイトからの動画変換を実現

関連情報