ビデオのアスペクト比を変更する方法

2019-11-26 21:13:36



画面アスペクト比は映像の幅と高さの数値比率であり、4:3、16:9、2.35:1、1.33:1などの種類があります。ビデオのアスペクト比が再生デバイス対応のアスペクト比に合わない時、画面に黒い帯が表示されることがあります。この場合、ビデオを完璧に再生するために、ビデオのアスペクト比を変更する必要があります。


DVDFab Toolkitはビデオのアスペクト比を変更するツール、ビデオ変換・編集ツール、オーディオ変換・編集ツールと画像ツールを一括に提供しています。ここでDVDFab Toolkitを使用して、ビデオのアスペクト比を変更する方法を説明します。一緒に、以下の操作手順を確認してみましょう。

 


Step 1:動画を追加します。

DVDFab ToolkitをPCにインストールして、実行します。「ビデオツール」に属する「クロップ」ツールをクリックします。表示された画面の中央にある「+」をクリックして、動画を追加します。

 

 

 

Step 2:必要に応じて、アスペクト比を選択して、動画をクロップします。
「アスペクト比」のドロップダウンメニューから希望のアスペクト比を選択します。カスタマイズを選択すれば、左上側の再生画面にある白いウィンドウをドラッグして、動画をクロップします。

 


Step 3:出力ビデオの保存先を設定して、スタートを押します。
下へ移動して、フォルダのアイコンをクリックして、出力ビデオの保存先を設定して、「スタート」を押して、処理を始めます。

 

 

ヒント
以上はDVDFab Toolkitを使用して、ビデオのアスペクト比を変更する操作手順です。DVDFab Toolkitのより多くの機能を知りたいなら、https://ja.dvdfab.cn/toolkit.htm にアクセスしてご覧ください。