MKVをDVDに変換

2020-05-28 03:53:54

MKVについて

MKVはMatroskaの略称で、MP4とAVIファイルなどと競争するために開発された無料のマルチメディアコンテナーです。1つのMKVファイルには、無制限の数のビデオ、音声、画像、または字幕トラックを格納することができます。MP4、AVIなどの非可逆圧縮フォーマットファイルと比べて、MKVファイルはロスレス圧縮なので、高解像の映像を保存できます。それと同時に、MKVファイルのサイズはより大きくなる傾向があります。

 

MKVファイルは数多くの再生機器でサポートされていますが、高画質のMKV動画をDVDプレーヤーまたはテレビで再生する場合、MKV DVD 変換 ソフトを使用して、MKV動画を標準的なDVD-Video形式に変換する必要があります。この作業はDVDオーサリングと呼ばれて、使用するソフトはDVDオーサリングソフトと呼ばれています。

 

DVDオーサリングソフト

DVDFab DVD 作成は最も人気のあるDVDオーサリングソフトの1つです。DVDFab DVD 作成はMKVなどの動画ファイルをDVD ISOファイル、DVD フォルダに変換するか、動画をDVDディスクに焼くことができるMKV ISO 変換・MKV DVD 書き込みツールです。このDVD作成ソフトを使って、初心者でも簡単にMKV をDVDに焼いて、メニュー付きの独自のDVDを作成することができます。

 

MKV動画をDVDデータに変換して保存する場合は、MKV動画をISOファイルに変換すること(MKV ISO 変換)をお勧めします。ISOファイルは直接再生できるし、後空のDVDメディアに焼き込むこともできます。このDVD作成ソフトは 30日の無料お試し時間を提供するので、MKV ISO 変換・MKV DVD 変換フリーソフトとして利用できます。以下はDVDFab DVD 作成の無料体験版を使ってMKVをDVDに変換する方法を見てみましょう。 

 

 

MKV DVD 変換 ガイドMKVをISOに変換する方法とMKVをDVDに焼く方法の両方を含む

 

MKV ISO 変換 ステップ1:DVD作成モードを選択します。

まず、DVDFabの公式サイトからDVDFab11の最新版をダウンロードして、パソコンにインストールします。DVDFabを起動して、「作成」モジュールを選択して、左側における作成モードスイッチャーをクリックして、「DVD 作成」を選択します。

 

 

 

MKV ISO 変換 ステップ2:MKVビデオを追加します。

メインインタフェースの指示にしたがって、MKVビデオを追加します。

 

 

 

MKV ISO 変換 ステップ3:出力DVDをカスタマイズします。

ソースのロードが完了した後、DVDをカスタマイズすることができます。必要に応じてオーディオトラックと字幕を選択して、外部の字幕を追加することができます。詳細設定 パネルで、ボリュームラベルの名称を変更したり、ビデオ画質と出力サイズを設定したりすることが可能です。「メニューを設定」ボタンをクリックすると、表示された画面でDVDメニューをカスタマイズできます。

 

 

 

メニューテンプレート

 

 

MKV ISO 変換/MKV DVD 焼くステップ4:出力ディレクトリを選択します。

メインインタフェースの一番下へ移動して、出力ディレクトリを選択します。保存先のドロップダウンリストボックスからドライブを選択すると、MKVを空白なDVDに書き込みます。フォルダまたはISOイメージファイルのアイコンをクリックして、出力ディレクトリを選択したら、出力ファイルをPCのHDDに保存します。「開始」ボタンをクリックして、MKVビデオからDVDへの変換プロセスが開始されます。MKV DVD 変換/MKV ISO 変換のプロセスが完了するまで待つだけです。

 

 

 

ビデオで一般動画をDVDに変換する手順を示します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

以上のMKVをDVDに変換するプロセスです。MKVなどのビデオをBlu-rayに書き込む場合、ブルーレイ 書き込みソフトという青い字をクリックして詳細な方法を勉強しましょう。

① 様々な動画形式を自分特製のDVDに作成可能
② DVDディスク、ISOイメージ、フォルダ形式の出力に対応
③ 複数のメニューテンプレートセットを用意&定期的に更新
④ 上級者向けの柔軟なカスタマイズ機能を搭載
⑤ 最新の加速技術により、超高速な変換を実現