WMVは、Windows Media Videoの略称で、マイクロソフトが開発したビデオコーデックです。 Windows メディアプレーヤーで標準的にサポートされているビデオファイル形式の一つです。一般にはWMVとオーディオコーデックWMAの組み合わせが用いられます。お使いのプレーヤーでWMVファイルを再生できない場合は、WMVをMP4に変換するか、WMVファイルをDVDに焼き込むことをお勧めします。

WMVをDVDに書き込む方法

DVDFab DVD作成は、WMVを含む、各種類の動画ファイルからDVDディスク、フォルダー/ ISOファイルに変換できる最高のDVDオーサリングソフトです。多彩な設定項目があり、出力DVDファイルをカスタマイズできます。また、好きなメニューテンプレートを使用して、DVDメニューを作成することもできます。

それでは、WMVからDVDへ変換する詳細な手順を確認しましょう。

ステップ1WMVビデオを追加します

DVDFab 12をダウンロードしてPCにインストールします。インストールが完了されたら、DVDFab 12を起動して、トップメニューから「作成」を選択して、「+追加」ボタン又は中央にある「+」ボタンをクリックして、変換したいWMVビデオを追加します。または、ビデオファイルを直接にメインインターフェイスにドラッグアンドドロップすることもできます。

ステップ2:「DVD 作成」モードを選択します

メインインターフェイスの左上隅にあるモードスイッチャーに移動し、「DVD 作成」モードを選択します。

ステップ3:出力DVDをカスタマイズします。

インターフェースで出力ファイルの字幕、オーディオ、出力などを設定することができます。

「詳細設定」パネルで、ボリュームラベルを変更し、DVD-5または9として出力を選択し、必要なTV標準とアスペクト比を選択できます。

「メニューを設定」をクリックして、メニューテンプレートを使用して、好きなようにDVDメニューをカスタマイズすることができます。

すべての設定が完了したら、[OK]ボタンをクリックします。

ステップ4:出力ディレクトリを選択して、変換処理を開始します。

WMVビデオを空のDVDディスクに書き込むには、▼のドロップダウンリストから光学ドライブを出力ディレクトリとして選択しましょう。WMVビデオをDVDフォルダに変換するには、「フォルダ」アイコンをクリックしてディレクトリを選択します。WMVビデオをDVD ISOファイルに変換するには、「イメージ」アイコンをクリックしてディレクトリを選択します。

出力先の設定が完了したら、「開始」ボタンをクリックして、変換処理を開始します。

注意:書き込みドライブを出力ディレクトリとして選択した場合は、進捗状況が100%になると、空のDVDディスクをドライブに挿入する必要があります。

以上、DVDFab DVD作成の使い手順でした。ビデオをBlu-rayフォーマットに変換したい場合は、この動画からBlu-rayへ変換ソフトを試してください。