DVD デコーダ | 暗号化されたDVDを動画に変換する方法

2020-05-28 03:55:53

デコーダ【decoder】はエンコードされたデータを元に戻すためのソフトウェアやハードウェアです。圧縮されたファイル、符号化や暗号化されたデータなどを元に戻す(デコードする)ために用いられます。


DVDFab DVD リッピングは暗号化されたDVDを殆どの動画、音声フォーマットに変換したり、特定のデバイスで再生可能な動画形式に変換したりすることができるDVDデコーダソフトウェアです。以下では、DVDデコーダーをして、DVDビデオを動画形式に変換する方法をご紹介します。


DVDFab DVD リッピングの無料体験版をダウンロードしてインストールしてから、以下の操作を行ってください。


DVD デコーダ ステップ1:DVDFabを起動して、「リッピング」オプションを選択して、DVDを読み込みます。

DVDFabを起動して、「リッピング」オプションを選択して、DVDディスクをドライブに入れます。ソースがDVDファイルであれば、「+」をクリックして、それをDVDFabに追加します。DVDが読み込まれた後、一番長いタイトルがディフォルトに選択されます。「他のタイトルを選択」をクリックして、別のタイトルを追加できます。「チャプター」、「オーディオ」と「字幕」オプションでコピーしたいチャプター、出力ビデオの音声と字幕を設定できます。

 


DVD デコーダ ステップ2:出力ビデオフォーマットを選択します。
インターフェースの左上側における矢印をクリックすると、内蔵のプロファイルライブラリが表示されます。「パーソナル」から最近使用したプロファイルとお気に入りのプロファイルを選択できます。「デバイス」から携帯電話、ゲーム機などの数多くのデバイスに最適化されたプロファイルを利用できます。「フォーマット」には一般的な動画形式、3D、4K、8K、H265、パススルー、10ビット、Youtube用の動画フォーマットが用意されています。必要に応じて、出力フォーマットを選択してください。ここでフォーマット >ビデオ >一般>MP4を選択します。

 


DVD デコーダ ステップ3:出力ビデオを編集します。
インターフェースにおけるレンチのアイコンをクリックして、出力ビデオ、オーディオと字幕の詳細な設定をできます。

 

 

詳細設定の横にある「動画編集」アイコンをクリックして、内蔵の動画編集画面が表示されます。ビデオのトリミング、ウォーターマーク、外部字幕やBGMの追加、アスペクト比の変更、ビデオ回転などの動画編集機能を使用できます。

 


DVD デコーダ ステップ4:保存先を設定してから、DVDデコーダーを開始します。
画面の底にあるフォルダのアイコンをクリックして、出力ビデオの保存先を設定してから、「開始」オプションを押すと、変換プロセスを始めます。変換中、処理情報が詳しく表示されます。もう一つの便利な機能は、「全タスクが完了した場合」オプションでPCやソフトウェアのステータスを事前に設定できます。「何もしません」「プログラムを終了」、「シャットダウン」、「休止状態」の4つのオプションが提供されています。

 


まとめ
DVD リッピングについて、詳しい情報は「2019年更新」最強のDVDリッピングソフトトップ5を参照にしてください。

① DVDディスク、フォルダ、ISOファイルに含まれるビデオ/オーディオを簡単に他のフォーマットに変換
② 出力対応フォーマットは幅広く、MP4/AVI/FLV/MKV/MP3/M4A/WMAなどあらゆるフォーマットを網羅
③ 詳細設定により透かしや字幕、BGMなどを自分好みに合わせ設定
④ 従来の保護はもちろん、最新の保護までもサポート
⑤ 最新技術により、高速・高画質を実現