【DVDブルーレイ変換】複数のDVDをブルーレイにまとめる方法

2020-09-01 03:32:00

 

Blu-rayは、大容量のストレージと高解像度のオーディオ及びビデオ解像度をサポートしている素晴らしいメディアストレージテクノロジーであるため、多くの人がDVDからブルーレイへの変換(dvd bd 変換)を検討しています。 Blu-rayを好むもう1つの理由は、DVDに比べて大容量のストレージを保持できることです。単層の標準ブルーレイディスクは、約25 GBのデータを保持できます。1層のDVDディスクの容量は、約4.7 GBです。したがって、複数のDVDをBlu-ray ディスクにまとめることができます。この記事では、DVDFab DVD ブルーレイ 変換を使用して、複数のDVDを1枚のBlu-rayディスク、ISO、またはフォルダーに変換(dvd bd 変換)またはまとめる方法について説明します。ブルーレイをDVDに変換する場合は、ブルーレイ DVD 変換 記事をご覧ください。

 

 

Part 1:DVDFab DVD ブルーレイ 変換:概要、ダウンロード、インストール手順

 

DVDFab DVD ブルーレイ 変換は、複数のDVDディスク、ISOファイル、またはフォルダーを単一のブルーレイディスク、ISO、またはフォルダーにマージできる強力なソフトウェアです。 以下は、このソフトウェアの注目すべき機能です。

DVDディスク、ISOファイル、フォルダで動作します。
高度な圧縮技術を適用して、驚異的なビデオ品質を作成します。
複数のオーディオと字幕を持つDVDに関して高度にカスタマイズ可能。
Blu-rayディスク、ISO、BD5、BD9、BD25、BD50などのさまざまなタイプのフォルダーを作成できます。
より高速なビデオ処理のために、Intel Quick Sync、Nvidia CUDA、AMD Accelerationなどのハードウェアアクセラレーションテクノロジーを使用できます。

DVDFab Enlarger AIと 連携 して、DVD動画の画質を上げる(1080P画質)

 

 

Part 1.1:DVDディスクのタイプに関する簡単なメモ

DVDにはDVD5、DVD9、DVD10、DVD18の4つのタイプがあることをご存じないかもしれません。 標準のDVDタイプはDVD5とDVD9ですが、最後の2つのタイプは一般的には使用されません。 DVDFab DVD ブルーレイ 変換(dvd bd 変換)では、ほとんどの場合DVD5およびDVD9タイプのみを使用します。 これらのタイプの個々の説明を確認してください。

1. DVD5:最大容量は4.7GBで、私たちが使用する最も一般的なタイプのDVDです。 単層のみです。


2. DVD9:最大8.5GBのデータを保持できます。 これらのタイプは、主に市販の映画DVDで使用されています。 単層DVDです。


3. DVD10:9.4GBの最大データ保持容量があります。 両面単層ディスクです。


4. DVD18:最大17GBのデータを保持できます。 両面2層ディスクです。

 

 

Part 1.2:Blu-rayディスクのタイプに関するクイックノート

DVDと同様に、Blu-rayディスクにも4つのタイプがあります。 4つのうち2つは非公式タイプです。 これらのタイプは、BD5、BD9、BD25、BD50です。 以下の説明を確認してください。

1. BD5:実際には、このタイプのBlu-rayディスクは存在しません。 BD5は、通常のDVD5であり、4.7GB未満のBlu-rayムービーの書き込みに使用されます。 DVDFab DVD ブルーレイ 変換(DVD to Blu-ray)は、BD5 ISOまたはフォルダーを作成できます。


2. BD9:非公式のBlu-rayディスクタイプであり、DVD9を使用して8.5GB未満のサイズのBlu-rayムービーを書き込みます。


3. BD25:これは、25GBのデータを保持する標準のBlu-rayディスクタイプです。 これらのディスクは物理的に購入できます。

4. BD50:50GBの映画データを保存できる2番目の公式BDタイプ。 BD25とBD50は、複数のDVDを1つのBlu-rayディスク、ISO、またはフォルダーにマージするための優れた選択肢です。

今後は、DVDおよびBlu-rayディスクのタイプについて混乱しないようにしてください。

 

 

Part 1.3:ダウンロードリンクとインストール手順

DVDFab DVD ブルーレイ 変換(dvd bd 変換)は、スタンドアロンソフトウェアとしては利用できません。DVDFab11に統合されているため、MacとWindowsで利用できるDVDFab 11をダウンロードする必要があります。以下のダウンロードリンクを確認してください。

Windows 7/8/10用のDVDFab 32ビット/ 64ビットオンラインインストーラー – 無料ダウンロード  

Mac OS 用のDVDFab 11オンラインインストーラー – 無料ダウンロード  

オフラインインストーラーファイルをダウンロードする場合は、所定のリンクに移動し、Webページを下にスクロールして、オフラインインストーラーファイルのリンクを見つけます。最初はリンクが見えない場合があります。これは、コンピューターの画面が小さく、リンクがスクロールせずに見える位置にあるためです。

インストール手順は非常に簡単です。 DVDFab 11のオフラインまたはオンラインインストーラーをダウンロードして、ダブルクリックしてファイルを開き、画面の指示に従ってソフトウェアをインストールします。これは数回クリックするだけです。

 

 

Part 2:DVD / Blu-ray ISOとフォルダーとは何ですか?

 

DVDまたはBlu-ray ISOは、物理DVDまたはBlu-rayディスクに保存されている映画データの正確なコピーです。 DVD / Blu-ray ISOイメージは、このデータを含む単一のパッケージファイルです。同様に、Blu-rayまたはDVDフォルダーは、対応する映画データの正確なコピーですが、フォルダーディレクトリの形式です。多くの人々は、DVDやブルーレイのソフトコピーを作成するためだけにISOまたはフォルダを作成します。これらは、コンピュータのハードドライブに保存されているディスクバックアップとしても機能します。以下では、DVD / Blu-ray ISOとフォルダーに関するいくつかの興味深い事実を示します。

物理ディスクのソフトコピーのバックアップとして機能します。

ほとんどのTVおよびスマートフォンを含むメディアプレーヤーでUSBを介して直接再生できます。

必要なときにいつでも物理ディスクに直接書き込むことができます。

複数のビデオをマージして、単一のDVDまたはBlu-ray ISOを作成できます。

DVDFab DVD ブルーレイ 変換(dvd ブルーレイ コピーソフト)は、ディスクISOイメージとフォルダーを完全にサポートしています。したがって、別のDVD ISOまたはフォルダーがある場合でも、この記事に従って、DVDをBlu-rayディスク、ISO、またはフォルダーに変換またはマージしてください。

 

 

Part 3:DVDをBlu-rayディスク、ISO、またはフォルダに変換または結合する方法

 

重要な注意:物理DVDがある場合、1枚のDVDのみをBlu-rayに変換できます。これは、コンピュータに搭載されている光学式ドライブが1つしかなく、一度に複数のディスクを読み取ることができないためです。複数のDVDをBlu-rayにコピーする場合は、DVD ISOまたは異なるムービーのフォルダが必要です。

25GBおよび50GBのストレージサイズを基準にすると、最大5つの標準DVDをBD25 Blu-rayにマージでき、約10のDVDムービーをBD50ディスクにまとめることができます。以下のパートで説明するように、これには「パススルー」処理を使用する必要があります。

 

 

Part 3.1:DVDFab DVD ブルーレイ 変換(dvd ブルーレイ コピーソフト)を使用してDVDをBlu-rayディスク、ISO、またはフォルダーに変換、コピーまたは結合する


この時点で、システムにDVDFab 11がインストールされているはずです。 これは有料のソフトウェアであり、これを初めて使用する場合は、フル機能の試用期間中にこのソフトウェアを完全に使用できるので幸運です。 それでは始めましょう。
 

ステップ1:「DVD ブルーレイ 変換」モードを選択します。

DVDFab 11を起動して、「コピー」ブをクリックします。左側における矢印のアイコンをクリックして、コピーモードライブラリが表示されます。「DVD ブルーレイ 変換」を選択します。

 

 

 

ステップ2:複数のDVDファイルを追加します。

「+追加」や「+」をクリックし、複数のDVDムービー(ISOファイル)を読み込みます。プログラムに複数のDVDフォルダーが読み込まれていない限り、これらのフォルダーを1つずつ読み込みます。 これらのフォルダーに加えて、光学ドライブからDVDをロードすることもできます。 下の画像を参照してください。

ご注意:ドライブを使用して、複数のDVDディスクを同時に読み取る場合、複数のドライブを用意する必要があります。

 

 

 

ステップ3:出力Blu-rayをカスタマイズします。

ソースのロードが完了した後、出力ファイルの設定を行います。

まずレンチのアイコンをクリックして、「詳細設定」画面を開いて、メニューモード、ボリュームラベル、出力サイズと再生モードを設定できます。

 

[出力]をクリックして、ブルーレイディスクタイプをBD50、BD25、BD9、またはBD5として選択します。 必要に応じて適切なタイプを選択してください。 BDディスクタイプを確認するには、上にスクロールして「Part 1.2」をお読みください。

 

[処理モード]をクリックし、[パススルー]または[変換]を選択します。パススルーは、出力Blu-rayで正確なDVDの品質とサイズを維持します。一方、「変換」を選択する場合は、「ビデオ品質」も選択する必要があります。

 

ビデオ品質は、15、20、30 Mbps、「ディスクに合わせる」、または「カスタマイズ」のビデオビットレートとして選択できます。適切なビットレートを選択すると、最終的な出力サイズの見積もりがそのすぐ隣にGBで表示されます。複数のDVDをBlu-rayにまとめる場合は、「パススルー」を使用するのをお勧めします。

 

 

カスタムメニュー」をクリックしてBlu-rayメニューをデザインするか、「メニューモード」からメニューを「メニューなし」に設定することもできます。

 

 

ヒント:

①  メニューを作成する場合、「メニューモード」オプションで「カスタム」を選択して、「カスタムメニュー」をクリックして、テンプレートから1つ選んでください。

 

1). [メニュー設定] セクションで、テキストを追加して、フォント、サイズ、色を直接に編集できます。やウィジェットを追加して再配置することもできます。

 

ツールセットを使用して、カスタム背景の追加、画像ウィジェットの追加、テキストの追加を行うことができます。 画面に表示されているテキストやアイテムをドラッグアンドドロップすることもできます。

 

テキストを追加するには、[T]ボタンをクリックして、[テキスト]文字列をカスタムテキストに置き換えます。 太字、斜体、フォントサイズ、色、フォントなどの画面上のテキストフォーマットツールを使用します。

 

ツールセットの[次へ]ボタンと[前へ]ボタンを使用して、カスタマイズ用の他のメニュー画面にアクセスします。 ブルーレイメニューのデザインが完了したら、[プレビュー]ボタンをクリックします。 [OK]をクリックしてメインUIウィンドウに戻ります。

 

 

 

2).画像編集のボタンをクリックして、カスタムメニューの画像またはカスタムビデオのスナップショットをアップロードして、メニューの背景画像として使用できます。

 

 

 

 

②  メニューが要らない場合、「メニューモード」オプションで「メニューなし」を選択してください。

 

 

設定が完了した後、「OK」をクリックして、DVDFabのメイン画面に戻ります。

 


ステップ4:市販のDVDには、メインムービーの他に多くのビデオファイルがあります。これらの追加のビデオは、役に立たないいくつかのプロモーションビデオである可能性があります。これらのビデオを選択または選択解除して、メインムービーのみを選択できます。

 

[他のタイトルを選択]をクリックし、デフォルトで選択されているメインムービーとともにビデオファイルを選択します。ここでビデオを再生して、ビデオタイトルの上にカーソルを置くと表示される緑色の[再生]ボタンをクリックして、選択するビデオが正しいかどうかを確認することもできます。ロードしたすべてのDVDについて、この手順を繰り返します。

 

DVDには、複数のオーディオストリーム、字幕、チャプターを含めることができます。 オーディオストリームと字幕を選択することもできます。 このようにして、最終的なBlu-rayにはないいくつかのオーディオストリームと字幕の選択を解除できます。 下の画像を参照してください。

 

 

ステップ5:画面下部へ出力先を設定します。ここから、DVDからBlu-rayを作成する3つの方法があります。 出力サイズに応じて、物理BD25、BD50、BD5、またはBD9を直接書き込むことを選択できます。 次に、これらの複数のDVDからBlu-ray ISOを作成できます。 最後に、Blu-rayフォルダーの作成を選択できます。

 

Blu-rayディスクを書き込むには、まず[保存先]をクリックして、[BD-ROM]光学ドライブを選択します。 [開始ト]ボタンをクリックし、プログラムの指示に従って空のBlu-rayディスクを挿入して書き込みます。 DVDは、この空のBlu-rayディスクにコピーされます。

 

BD-ROMオプティカルドライブがない場合は、プロジェクトをBlu-ray ISOとして保存できます。 

プロジェクトをBlu-rayフォルダーとして保存することを選択できます。 「フォルダ」アイコンをクリックして、出力場所を選択します。 

 

 

 

ステップ6:変換プロセスを開始します。

全ての設定を完了した後、メイン画面における「開始」ボタンをクリックして変換プロセスを始めます。プロセス中、進行状況の詳細情報をチェックすることができます。「全てのタスクが完了した後」オプションで、タスク完了後のPCやソフトのステータスを設定できます。

 

 

これで、DVDをBlu-rayにコピーする方法を習得しました。これで、この新たに準備されたBlu-rayをBDプレーヤーで再生できます。一部のハードウェアおよびソフトウェアプレーヤーは、Blu-ray ISOファイルおよびフォルダーを直接再生できますが、デバイスの互換性リストはそれほど大きくはありませんが、それらの多くはまだ再生できます。

 

結論

DVDをブルーレイにまとめる機能を備えた強力なソフトウェアの使用方法を学びました。 DVDをブルーレイにコピーする方法については、詳細なチュートリアルにアクセスして、その方法を確認してください。

この短い記事を読んだ後は、DVDとBlu-rayのタイプ、DVD / Blu-ray ISOとフォルダーについても理解しましたか?そして、DVDをブルーレイにコピーすることを学びましたか。 DVDFab DVD ブルーレイ変換(dvd ブルーレイ コピーソフト)は現在、ディスクタイプ、ビデオ品質、カスタムメニューに関連する強力なカスタマイズオプションでDVDをBlu-rayに変換できる最高のソフトウェアです。

これは、DVDFabの強力なハードウェアアクセラレーションテクノロジーにより、クラッシュすることなくDVDを一括で処理またはBlu-rayにマージできる信頼性の高いソフトウェアの1つです。このソフトウェアについて私たちから聞きたいことが何もない場合は、このソフトウェアを試す価値があるときです。ソフトウェアをダウンロードしてインストールし、使用を開始して、それがどのように機能するかを確認してください。

① DVDコピーガードを解除して、数枚のDVDを1つのBlu-rayディスク/フォルダ/ISOイメージファイルに結合
② 先進な圧縮技術により、優れた品質を維持するとともに、多くの内容を収容
③ タイトル、メニュー、再生モードなどいろいろとカスタマイズ可能
④ 最新技術により、高速の処理スピード以外に、高音質・高画質の出力を実現
⑤ 使いやすくて初心者でも簡単に操作