手元のDVD映画をブルーレイに変換して、ブルーレイの臨場感や迫力のある美しい映像を鑑賞したいですか?その場合、専用の変換ソフトが必要です。ここでは使い勝手の良いDVDFab DVD ブルーレイ 変換をお薦めします。

 

ステップ1:「Blu-ray変換」モードを選択

DVDFab 10を起動して、「コピー」オプションを選択します。左側におけるコピーモードアイコンをクリックしてコピーモードライブラリが表示されます。「Blu-ray変換」を選択します。

 

 

ステップ2:ソースファイルを追加

光学ドライブにDVDディスクを挿入して、またはメインインタフェースにおける「+」ボタンをクリックしてソースをロードします。ソースはISOファイルまたはフォルダである場合、それをメインインタフェースにドラッグ&ドロップすればいいです。

 

 

ステップ3:出力Blu-rayの設定を行う

ソースのロードが完了した後、出力ファイルの設定を行います。

まずレンチのようなアイコンをクリックして、「詳細設定」画面を開いて、メニューモード、出力サイズなどを設定します。

 

 

次に、「OK」をクリックして、DVDFabのメイン画面に戻って、チャプターを選択して、字幕と音声を設定します。他のタイトルを変換したいなら、「他のタイトルを選択」タブをクリックして、チャプターを選択してください。またプレビューボタンをクリックして、ソースビデオをプレビューすることができます。最後にメイン画面の左下隅における「保存先」で出力ファイルを保存する場所を設定します。

 

 

ヒント:

①  メニューを作成する場合、「メニューモード」オプションで「カスタム」を選択して、「カスタムメニュー」をクリックして、テンプレートから1つ選んでください。

1). [カスタムメニュー] セクションで、テキストをクリックして、フォント、サイズ、色を直接に編集できますし、特定装飾をクリックして再配置することもできます。

2).画像編集のボタンをクリックして、選択メニューの背景画像を変更するができます。

②  メニューが要らない場合、「メニューモード」オプションで「メニューなし」を選択ればいいです。

③  保存先の設定:ドライブを選択して、出力ファイルを空のBlu-rayディスクに書き込みます。フォルダまたはISOイメージファイルのアイコンをクリックして、出力ディレクトリを選択したら、出力ファイルをPCのHDDに保存します。

 

ステップ4:変換プロセスを始める

全ての設定を完了した後、メイン画面における「開始」ボタンをクリックして変換プロセスを始めます。プロセス中、進行状況の詳細情報をチェックすることができます。「全てのタスクが完了した後」オプションで、タスク完了後のPCやソフトのステータスを設定できます。

 

 

上記はDVDをブルーレイに変換する手順です。DVDFab DVD ブルーレイ 変換について、詳しくはDVDFab DVD ブルーレイ 変換へご参照ください。