家にDVDプレーヤーがあるのにブルーレイを再生できない、もしくはブルーレイプレーヤーがあるが手元にあるのが大量のDVD…といった悩みを抱えている方には解決案をご紹介していきます。通常のブルーレイコピーソフトでBlu-rayをDVDに変換できるが、変換したDVDがBlu-rayプレーヤーでしか再生できないことが多い。

DVD ディスクはBlu-rayディスクより値段が安いので、ブルーレイムービーをDVDに変換する人が多いです。Blu-ray映画をDVDにバックアップするのは予算を減らす良い方法です。

今回、Blu-rayを、DVDプレーヤーに再生できるDVDに変換する方法、及びBlu-rayを、ブルーレイに再生できるDVDに変換する方法をご紹介します。

ここで、DVDFab Blu-ray コピーとDVDFab ブルーレイ DVD 変換という二つのソフトを紹介しながら、Blu-rayをDVDにバックアップする方法をご解明します。

パート 1:ブルーレイを、Blu-rayプレーヤーに再生できるDVDに変換する方法

DVDFab Blu-ray コピーは、業界でもっとも優秀なBlu-rayコピーソフトの一つとして、ブルーレイを高品質で空白なDVD/ISOファイル/フォルダにコピーできます。また、タイトル、チャプター、字幕、オーディオ、出力サイズなどを自由に設定するオプションも豊富です。

Blu-rayコピーを行う際、出力をDVD5/DVD9にすれば、DVDに変換可能、ただ、変換後のDVDはBlu-rayプレーヤーでしか再生されません。

次は、ブルーレイをDVD5/DVD9にコピーする詳細な操作手順です。

ステップ1:次のボタンをクリックしてDVDFabをダウンロードします。

 Windows版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)
 Mac版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)

ステップ2:起動して、「コピー」オプションでコピーモードを選択します

起動後、トップメニューの「コピー」タグをクリックして、そして左側におけるコピーモードスイッチャーをクリックして、「メインムービー」モードを選択します。

※「フルディスク」と「メインムービー」2つのコピーモードは無料で利用されます。

ブルーレイ DVD

ステップ3:ブルーレイソースを追加します。

光学ドライブにコピーしたいブルーレイディスクを挿入すれば自動的に認識されます。
Blu-rayソースは、ISOファイルまたはフォルダである場合、メインインタフェースにおける「+」ボタンをクリックして追加するか、それをメインインタフェースにドラッグ・アンド・ドロップします。

ブルーレイ DVD

ステップ4:出力ファイルをカスタマイズします。

ソースの読込が完了したら、一番長いタイトル(メインムービーというタイトル)はデフォルトで選択されます。
必要に応じて、チャプター、オーディオ、字幕、出力サイズなどを設定することができます。
ブルーレイビデオのフォーマットを変更せずに、DVDにコピーする場合は、BD5(DVD5)またはBD9(DVD9)を指定する必要があります。

ブルーレイ DVD

また「詳細設定」画面で出力ファイルのボリュームラベルを編集できます。

ブルーレイ DVD

ステップ5:出力ファイルの保存先を設定して、コピーを開始します。

メインインターフェースの下部における「出力先」オプションで出力ファイルの保存先を設定できます。
お使いのドライブを出力ディレクトリとして設定すれば、ブルーレイムービーが空のDVDディスクに焼きこまれます。
ブルーレイをPCのHDDに保存したいならフォルダまたはISOのアイコンをクリックして、出力ディレクトリを選択してください。

次に、「開始」ボタンをクリックして、コピータスクを実行します。

ブルーレイ DVD

お使いのドライブを出力ディレクトリとして選択したら、処理中、「互換性があるメディアを挿入する」というメッセージが表示されます。ソースの容量によって、空白なDVD9またはDVD5のディスクを挿入してください。

※注意:ブルーレイの中身を変更せずに、そのままでDVD 9/DVD 5にコピーしますので、出力ファイルを再生するには、DVDプレーヤーではなくBlu-ray プレイヤーが必要です。

!

Blu-rayをBlu-rayプレーヤーに再生できるDVDに変換すれば、DVDFabの無料版でいいが、Blu-rayをDVDプレーヤーに再生できるDVDにダビングすれば、有料になります。

DVDFab製品は今セール中、割引情報を詳しく知りたい場合は次のセールページボタンを押しましょう。
   セールページ  

ブルーレイを、DVDプレーヤーで再生できるDVDに変更する方法はこれから説明します。

パート 2:ブルーレイを、DVDプレーヤーに再生できるDVDに変換する方法

DVDFab ブルーレイDVD 変換は、ブルーレイのコピーガードを解除して、必要に応じて出力ビデオのメニュー、ビデオ、オーディオ、字幕などを設定して、ブルーレイをDVD ISOファイル/フォルダ/ディスクに変換できます。ただし、出来上がったDVDをDVDプレイヤーやDVD再生ソフトでしか再生できません。

以下、DVDFab ブルーレイ DVD 変換ソフトでブルーレイをDVDプレーヤーに再生するDVDに変換する方法をご紹介します。

※注意:すでにDVDFabをPCにダウンロードした場合は今回はダウンロードすることなく直接起動します。

ステップ1:DVDFabを起動して、「コピー」オプションを選択します。

操作方法は、上記Blu-ray コピーのステップ1とほぼ同じ、ただコピーモードは「メインムービー」から「ブルーレイ DVD変換」モードに変更する必要があります。

ブルーレイ DVD

ステップ2:ソースをロードします。

ブルーレイディスクをドライブに挿入します。ブルーレイ ISOファイルまたはフォルダを変換する場合、「+」をクリックして、それを追加してください。

ブルーレイ DVD

ステップ3:出力ファイルをカスタマイズします。

必要に応じて、インタフェースでチャプター、オーディオ、字幕などを変更できます。

ブルーレイ DVD

また、「詳細設定」画面でボリュームラベル、出力、テレビ画質、アスペクト比、再生モードなどを設定することができます。

ブルーレイ DVD

「メニュー設定」をクリックして、出力DVDメニューを設定することができます。メニューを作成したくない場合は、一番目のメニューテンプレートを選択すればよいです。

ブルーレイ DVD

メニューを作成する場合、そのほかのメニューテンプレートから1つを選択して、背景、文字、プレビューウインドウを編集します。

ブルーレイ DVD

ステップ4:出力先を決めて変換処理を開始します。

メインインターフェースの下部における「保存先」オプションでお使いのドライブを出力ディレクトリとして設定します。
ISO又はフォルダファイルとして出力したい場合は、隣のISO又はフォルダアイコンをクリックします。

出力先の設定が終わったら、「開始」ボタンをクリックしてブルーレイ DVD 変換処理を始めます。

ブルーレイ DVD

!

DVDをBlu-rayプレーヤーに再生するBlu-rayに変換する場合は、DVDFab DVD ブルーレイ 変換がおすすめ、PCでDVDもしくはBlu-rayを再生する場合は、PlayerFab Ultra HD プレーヤーがおすすめです。

次のボタンをクリックしてPCで使うDVD/Blu-rayプレーヤーをダウンロードしましょう。

 Windows版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)
 Mac版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)

まとめ

以上では、ブルーレイをそのままでDVDにコピーする方法、及びブルーレイをDVDに変換する方法についてご紹介しました。ブルーレイをDVDにコピーする場合、出力ファイルは、ブルーレイプレーヤーで再生する必要があります。ご注意ください。

関連記事:
Blu-rayコピーに関する知っておくべきこと~ブルーレイをコピーする方法
素人でも分かる超簡単なブルーレイバックアップ方法
超簡単!ブルーレイをDVDに変換する方法
最高のブルーレイDVDダビング方法