UHD Blu-rayを4K M2TSに変換する方法

2019-08-22 03:59:57



4K Ultra HD Blu-rayムービーを4K M2TSビデオに変換して、ハードドライブに保存したいですか?DVDFab UHDリッピングは、UHD変換を行うのに役立つツールです。DVDFab UHDリッピングを使用して、UHDブルーレイを高速でM2TSパススルー、M2TS.4K.H265.10ビットを変換でき、同時にHDR10の画質を維持できます。では、このUHDリッピングソフトでUHD Blu-rayを4K M2TSに変換する方法を見てみましょう。

 

ご注意:DVDFab 64 bitバージョンのみで4K Ultra HD Blu-rayのコピーがサポートされています。

 

ステップ1: UHD Blu-ray ソースを追加します。

DVDFab 10を起動して、リッピングタグをクリックして、メインインターフェイスの指示に従って、4K Ultra HD Blu-rayディスク/フォルダ/ ISOファイルをロードします。

 

ステップ2: 4K M2TSプロフアイルを選択します。

UHD Blu-rayソースがロードされると、MKVパススループロファイルがデフォルトで選択されるかもしれませんが、手動で4K M2TSプロファイルに変更することができます。左上隅におけるプロファイルスイッチャーを開き、「パススルー」オプションのチェックをはずして、M2TS パススルーまたはM2TS.4K.H265.10bitを選択します。

 

ステップ 3:出力M2TS ビデオをカスタマイズします。

デフォルトでメインムービータイトルが選択されていますが、他のタイトルも選択できます。メイン画面でタイトルの名称を変更したり、チャプターを選択したり、オーディオトラックおよび字幕を設定することができます。

 

また、「スパナ」アイコンをクリックして、[詳細設定]パネルを開いて、設定をカスタマイズできます。

 

更に、動画編集パネルでアスペクト比の変更、ビデオのトリムやトリミング、ウォーターマークの追加、字幕の追加、ピクチャ値の調整を行うこともできます。

 

ステップ4: ディレクトリを選択して、リッピング処理を開始します。

メインインターフェイスの底側に移動して、「フォルダ」アイコンをクリックして、出力ディレクトリを選択します。その後、「開始」ボタンをクリックして、リッピング処理が開始されます。

 

お使いのコンピュータに4K HEVCの10ビットデコードおよびエンコードが可能なビデオカードがある場合、約1時間以内にUHD Blu-rayをM2TS.4K.H265.10ビットに変換することができます。M2TSパススルーをプロファイルとして選択すると、10〜20分間の後でM2TSビデオを入手できます。

 

 UHD Blu-rayをISOファイルにコピーすることに興味があるなら、「UHD Blu-rayをISOファイルにコピーする方法」をご覧ください。

最強のUHDリッピングソフトウェア-DVDFab UHD リッピング

① 4K UHD Blu-rayを無劣化抽出
② メタデータを自動的に付加する
③ HDR10 ビデオ出力に対応
④ 4K対応ハードウェアアクセラレーションにより、1時間以内に変換完了可能