VideoCruiseを簡単に使用する方法

2020-10-10 10:15:24

 

ビデオクリップ、オーディオ、画像、および映画のような品質の独創的な効果から見事なビデオまたはハリウッドの予告編を作成することを熱望している、または単にビデオ、オーディオ、または写真を完璧に編集したいと思っているVideoCruiseの新しいファンなら、この記事を見逃しないでください。この投稿には、VideoCruiseの使用方法を習得する前に知っておく必要のあるすべての情報が含まれているため、適切なページに移動してください。テキスト、音楽、フィルター、オーバーレイ、トランジション、テンプレート、要素などのすべての編集機能とクリエイティブ効果はすべてあなたの指先にあります。この投稿を読んで、個人、専門、およびビジネスの目的で設計された、このプロフェッショナルでありながら使いやすいビデオ編集プログラムの基本的な知識を習得してください。

 

 

登録とアクティベーション

VideoCruiseのパワーを解き放ち、すべてのサービスを楽しむには、まずこのビデオエディタを購入し、右上隅にある[アクティブ化]ボタンをクリックして、メールボックスに送信されたアクティブ化コードをこのソフトウェアに入力する必要があります。

 

 

ここにアクティベーションコードを貼り付けたら、「OK」のボタンをクリックします。

 

 

VideoCruiseを購入する前にビデオを編集するとどうなりますか?

 これが発生した場合、VideoCruiseをアクティブにして、エクスポートされたファイルに透かしを付けないようにする方法は? また、VideoCruiseを購入し、左上隅にある[ファイル]> [名前を付けて保存]のボタンをクリックして、ファイルを.ve形式で保存します。 その後、ビデオをエクスポートして再度開きます。お金を受け取った後、VideoCruiseが自動的にアクティブ化されるため、透かしは表示されません。

 

 

 

設定と構成

VideoCruiseをアクティブにした後、最初に右上隅にある「3つのドット」アイコンをクリックすることをお勧めします。次に、「設定」、「言語」、「チュートリアル」、「フォーラム」、「製品ページ」のオプションを設定し、このビデオエディタのバージョンと同様に「概要」を確認します。このパネルでは、必要に応じて、デフォルトの写真/テキスト/トランジション/フィルターの長さ、およびアスペクト比を変更できます。好みの字幕言語を選択して、このビデオエディタの最も人気のある機能である「音声に変換」と「ナレーションの録音」を試してください。

 

 

 

ホームインターフェース:5つの編集モード

VideoCruiseを起動すると、オプションの3つのビデオアスペクトモードを表示するウィンドウがポップアップ表示されます:9:16(ポートレート)、16:9(ワイドスクリーン)、4:3(従来型)。 これらはあなたが必要とするかもしれない一般的なタイプです。

 

 

元のビデオアスペクトまたは編集したビデオがアップロードされるWebサイトに基づいて、目的のアスペクト(16:9など)を選択します。 次に、主な機能インターフェイスに入ります。 右上のフォルダアイコンをクリックすると、以前に編集したプロジェクトを開くことができます。

 

 

右上隅は3つのドット

好みに応じて関連するすべてのパラメータを設定できる設定に移動します。 VideoCruiseは、特別な用途のために3:4(淘宝網)と1:1(Instagram)も提供しています。

 

 

 

ポップアップユーザープロンプト

VideoCruiseを初めてインストールして起動すると、基本機能を段階的に使用するように促すプロンプトが表示されます。

 

 

主な機能の紹介

・メディア/オーディオ/テキスト/フィルター/オーバーレイ/トランジション/要素:左側のパネルにあるこれらの7つのタブを使用すると、編集するビデオクリップにオーディオ/音楽、テキスト、フィルター、オーバーレイ、トランジション、要素を適用できます。 メディアライブラリには、完成したすべてのメディアファイル(ビデオ/画像/オーディオ)が含まれています。 名前、期間、タイプ、インポート日、昇順、降順で並べ替えることができます。

 

 

・プレビューウィンドウ:この内蔵プレーヤーは、プログラムにインポートしたメディアファイルを再生するため、終了前、終了中、終了時にビデオや画像をプレビューして、すべての変更を適切に行うことができます。

 

・ツールバー:編集スペースには必要な編集ボタンがあり、必要に応じてメディアファイルを磨くことができます。

 

・元に戻す:[元に戻す]ボタンをクリックして、メディアファイルに対して行った最後の編集をキャンセルします。

 

やり直し:[やり直し]ボタンをクリックして、メディアファイルに対して最後に行った編集を復元します。

 

編集:ツールバーの[編集]ボタン(ペンアイコン)をクリックして、再生速度、回転、反転、反転(逆再生)、背景色(目的の色を選択、ぼかし効果またはカスタム画像をビデオに追加)などのビデオクリップを編集します )。 変更された結果に不満がある場合は、[リセット]をクリックして最初からやり直してください。

 

または、左上隅にあるショートカットメニューバーの[編集]に移動し、[編集]オプションをクリックして、ビデオ/色補正/オーディオインターフェイスに移動します。

 

 

メディアファイルをタイムラインにインポートした場合は、それを右クリックして、ビデオ/色補正/オーディオ編集インターフェイスを開きます。

 

 

一方、[色補正]ボタンを使用すると、スライダーを左から右に、またはその逆にドラッグして、コントラスト、彩度、明るさ、色相、ハイライト、シャドウを希望の値と効果に調整できます。

 

 

オーディオボタンを使用すると、スライダーを左から右に、またはその逆にドラッグして、音量を調整したり、音量を上げたり下げたりすることができます。 さらに、フェードインおよびフェードアウトエフェクトを適用して、オーディオをより特徴的またはリアルにすることができます。

 

 

・分割:[分割]ボタンをクリックして、ビデオ/オーディオクリップ全体を部分にトリミングします。

 

・削除:[削除]ボタンをクリックして、選択したビデオクリップ、オーディオ、音楽、画像、テキスト、フィルター、オーバーレイ、トランジション、または要素を削除します。

 

・切り抜き:[切り抜き]ボタンをクリックして、必要に応じてビデオ画面のサイズを変更します。

 

・モザイク:[モザイク]ボタンをクリックして動画にモザイクを追加し、機密部分や不要な部分を非表示にします。

 

・フレームのフリーズ:[フレームのフリーズ]ボタンをクリックして、フレームをフリーズし、その期間を延長します。

 

・持続時間設定:[持続時間設定]ボタンをクリックして、開始時刻と終了時刻を特定の効果に設定し、メディアファイルを完全に磨きます。

 

・ズーム:特定のビデオクリップをズームインおよびズームアウトして、特別な視覚効果を作成したり、特定の詳細を強調表示したりします。コンテンツの特定の部分を好きなようにトリミングおよびズームできます。

 

・ナレーション:吹き替え機能と同様に、[ナレーションを録音]ボタンをクリックして、ビデオにカスタムボイスを追加します。フッテージがウィンドウからプレビューされている間、記録はクリップに追加されます。

 

・音声文字変換:[音声文字変換]をクリックしてテキストを選択し、自然な音声に変換します。同様に、コンバーターボタンを押して音声をテキストに変換します。このプロセスでは、字幕がビューのタイムラインに自動的に割り当てられます。

 

・エクスポート:[エクスポート]ボタンをクリックして、編集または作成したメディアファイルをエクスポートします。

 

・備考:ツールボックスの下のタイムラインは、作業領域とも呼ばれ、すべてのメディアファイルを編集できる場所です。

 

 

メディアファイルのインポート

機能豊富なビデオエディタとして、VideoCruiseを使用すると、ビデオ、オーディオ、および画像を編集できます。 後続の編集タスクのために、メディアファイルをタイムラインにインポートするための簡単なアクセスを提供します。 メディアファイルまたはフォルダをメディアゾーンにドラッグアンドドロップするだけです。

 

 

[インポート]をクリックして、ファイルまたはフォルダをメディアゾーンにインポートすることもできます。

 

 

または、左上隅にある[ファイル]> [インポート]> [ファイル/フォルダーのインポート]に移動して、メディアファイルをメディアゾーンにロードします。

 

 

ファイルの削除

メディアライブラリで、メディアファイルを右クリックし、[削除]を選択して、インポートしたファイルを削除します。 ファイルはVideoCruiseから削除できますが、元のファイルは変更されないことに注意してください。

 

 

上に示したスクリーンショットのように、メディアファイルを右クリックすると、他のことができます。

 

・プロジェクトに追加:メディアファイルをタイムラインに追加します。

 

・プレビュー:組み込みのメディアプレーヤーでファイルを表示します。

 

・名前の変更:選択したファイルの新しい名前を作成します。

 

・ファイルの場所を開きます。インポートされたファイルの正確なファイルの宛先を確認します。

 

・詳細:ビデオパス、サイズ、期間、ビデオ形式、オーディオ形式など、ロードされたファイルの詳細情報を確認してください。

 

 

ファイルの出力

編集したファイルをエクスポートするには、ツールバーの[エクスポート]をクリックします。 最終的なプロジェクトを保存する3つの方法があります。

 

①プロジェクトファイルとしてエクスポート

[ファイル]> [名前を付けて保存]を右クリックして、最終ファイルをプロジェクトとして保存し、さらに編集します。 次回、もう一度磨きたいときは、プログラムを開いてください。 ただし、保存されたファイルは実際のメディアファイルではありません。

 

 

②ビデオファイルとしてエクスポート

VideoCruiseは、MP4、AVI、WMV、MOV、MKV、およびGIFの6つのビデオ形式をサポートしています。 HD出力用のプレミアム品質と標準品質が利用可能です。

 

 

必要に応じて、関連するパラメータの設定(レンチアイコンのタブ)に移動します。 ビデオエンコーダー、フレームレート、解像度、ビットレートはすべてお客様の管理下にあります。

 

 

③オーディオファイルとしてエクスポート

MP3とAACを使用して、ファイルをオーディオファイルとしてエクスポートできます。 オーディオファイル、出力先、およびオーディオ形式の名前を変更できます。

 

 

レンチアイコンをクリックして、エンコーダー、サンプルレート、チャンネル、ビットレートなどの最終ファイルのオーディオパラメーターを設定します。

 

 

 

最後に

上記の情報は、メインのインターフェイスと機能、メディアファイルをインポートおよびエクスポートする方法へのシンプルですが直接的なガイドであり、VideoCruiseをすばやく簡単かつ専門的な方法で使用する方法をより明確に理解できます。

① 様々な形式の動画、音声と画像に対応
② 347個の音響効果、47個のフィルター、54個のオーバーレイ、59個のトランジション、98個の要素を提供
③ テキストを追加し、そのスタイル、モーション、フォント、サイズなどをカスタマイズできる
④ 動画をカット、トリミング、分割、クロップ、マージ、回転、スピードアップまたはスピードダウンなどができる
⑤ YouTube、Facebook、Twitter、DVD、TV、iPhoneなど用動画を出力できる