MKVをBlu-rayに変換

2020-05-28 03:55:55

MKVからBlu-rayを作成すると、ビデオを長期的かつ安全に保存できるようになります。また作成したブルーレイはBlu-rayプレーヤーで再生できます。DVDFab Blu-ray 作成はMKVビデオまた他のビデオから高品質のBlu-rayディスク/フォルダ/ISOファイルを作成できる最高なツールです。新規ユーザーであれば、30日の無料お試し期間を提供しますので、この時期でmkv ブルーレイ 書き込み フリーソフトとして利用されます。以下はこのMKV BD 書き込みソフトを利用してMKVをBlu-rayに変換するプロセスです。

 

 

MKV BD 書き込みの操作手順ブルーレイオーサリングソフトの使い方

 

 

MKV BD 書き込み ステップ1: MKVビデオを追加します。

 

DVDFab 11 をダウンロードして、パソコンにインストールしてから起動します。「作成」モジュールを選択して、メインインターフェイスの指示に従って、MKVビデオを追加します。

 

 

 

MKV BD 書き込み ステップ2Blu-ray 作成モードを選択します。

 

一番左上のモードスイッチャーをクリックして、Blu-ray作成モードを選択します。

 

 

 

MKV BD 書き込み ステップ3:出力ビデオをカスタマイズします。

 

メイン画面で「オーディオ」と「字幕」オプションでオーディオトラックと字幕の言語を選択できます。ビデオに字幕が付いていない場合は、外部字幕を追加できます。「詳細設定」ボタンをクリックして、出力サイズをBD50/BD 25/BD 9/BD 5に指定できます。「メニューを設定」ボタンをクリックすると、表示された画面でBlu-rayメニューをカスタマイズできます。

 

 

 

 

 

MKV BD 書き込み ステップ4:出力ディレクトリを選択します。

 

メインインタフェースの一番下にある「保存先」のドロップダウンリストからドライブを選択すると、MKVビデオを空白なBlu-rayディスクに焼き込みます。「フォルダ」アイコンをクリックすると、MKVビデオをBlu-rayフォルダとして出力します。「イメージフアイル」アイコンをクリックすると、MKVビデオをBlu-ray ISO ファイルにリッピングできます。

 

MKV BD 書き込み ステップ5:変換プロセスを開始します。

 

「開始」ボタンをクリックして、MKVビデオをBlu-rayに変換し始めます。後は、MKV BD 書き込み(mkv ブルーレイ 書き込み)処理が終わるまで待つだけです。

 

 

 

まとめ

以上はMKVビデオをBlurayに変換するプロセス(mkv ブルーレイ オーサリングプロセス)です。MKVビデオをDVDに変換する場合、mkv dvdをクリックして、詳細を見ましょう。

① 動画ファイルをBlu-rayディスク/ISO/Blu-rayフォルダに作成できる
② 直感的なメニューテンプレートを提供
③ プロにも満足できるカスタマイズ
④ 高音質・高画質を実現
⑤ 超高速なプロセッシング