DVDをiPad Pro用にリッピングして動画変換する方法

2020-05-28 03:56:40

最新のiPad Proは2018年リリースされ、11と12.9 インチ2種類があり、持ち歩いても可能ですので、映画鑑賞などに最適です。

映画愛好者なら、iPad Proの購入を考慮する人が多いでしょう。iPad Proが動画を視聴するための素晴らしいデバイスです。1200万のピクセルによって、あらゆるiOS デバイスの中に最高解像度のRetinaディスプレイをその特色となし、同じくらい大きいオーディオ体験を作成します。さらに重要なのは、このデバイスで仕事とエンターテインメントを両立できます。


DVDをiPad Pro動画へリッピングするには、DVDFab DVD リッピングがおすすめです。この最新のDVDリッピングソフトウェアはiPad Proのリリースの後すぐにプロファイルライブラリにiPad Pro を追加し、最新の動画体験をユーザーに与えます。全体のプロセスは数回のクリックだけで十分です。

 

次はその操作方法を確認してみましょう。


ステップ1:最新のDVDFab 11に更新またはダウンロード

DVDFab 11の最新バージョンでなければ、DVDFab 11の最新バージョンに更新することをお勧めします。まだインストールしていない場合、ダウンロードページまたは製品ページから最新のプログラムをダウンロードしてください。

 


ステップ2:DVDFab DVD リッピングを実行し、ソースDVDをロード

セットアップやアップデートの後、DVDFabを実行して、オプションバーから「リッピング」を選択します。次に、リッピングするDVDディスクを挿入するか、または「+」や「+追加」ボタンをクリックでディスクをロードします。ソースはISOやフォルダである場合、メインウィンドウにファイルをドラッグ&ドロップすることもできます。

 

 

ステップ3:iPad Proを選択し、出力ビデオをカスタマイズ

数秒後、ソースがロードされます。左パネルに移動し、プロファイルアイコンをクリックして、デバイス/Apple/iPad Proの順に選択します。また、必要のあるタイトルやオーディオ、字幕ストリームを選択します。

 

 

詳細設定パネルで必要に応じてオーディオとビデオに関するパラメータを設定します。

 

 

より深いカスタマイズをするには、内蔵の動画編集機能を使ってビデオ効果の調整、ビデオから必要なコンテンツのトリミング、表示エリアのトリミングや回転、外部字幕の追加、またはイメージやテキストウォーターマークの追加などのことができます。

 

 

全ての設定後、下へスクロールして保存先のところでフォルダアイコンをクリックして出力ディレクトリを選択します。

 

 

ステップ4:DVDからiPad Pro動画へのリッピングを開始

全ての設定がOKでしたら、開始ボタンをクリックしてリッピングを始めます。リッピングプロセスは通常に数分のみをかかりますが、最終的な処理時間はお使いのPCのハードウェアのパフォーマンスとソースのサイズによっては異なります。

 

 

以上です。DVD リッピングが終了後、出力動画をお使いのiPad Proに転送したら、iPad Proで動画を楽しめます。


DVDディスクを他の様々な動画形式に変換ソフトを探しているなら最強のDVD リッピングソフトを、Mac パソコンならMac DVD リッピング フリーソフトを、参照してください。なお、DVDをパソコンにバックアップする場合は、わかりやすいDVDをパソコンに取り込む方法まとめを参照してください。

① DVDディスク、フォルダ、ISOファイルに含まれるビデオ/オーディオを簡単に他のフォーマットに変換
② 出力対応フォーマットは幅広く、MP4/AVI/FLV/MKV/MP3/M4A/WMAなどあらゆるフォーマットを網羅
③ 詳細設定により透かしや字幕、BGMなどを自分好みに合わせ設定
④ 従来の保護はもちろん、最新の保護までもサポート
⑤ 最新技術により、高速・高画質を実現