DVDをiPhone 6s用に動画変換/リッピングする方法は?

2019-06-11 00:21:32



2015年9月9日に、Apple社はサンフランシスコで最新のiPhone 6s/6s Plusをリリースしました。それは多くのApple ファンの注目を集めたし、今までも強い残響を受けています。

 

多くの高度機能がアップグレードされたの他、iPhone 6s (Plus)12 メガピクセルのiSight カメラを搭載し、シャープで鮮明な写真をキャプチャします。1080p HDビデオより最大4倍の解像度を持つ華麗な4Kをビデオを撮ることができます。間違いなく、この全方面アップグレードされたデバイスによってビデオの饗宴を楽しむことができます。

 

iPhone 6s (Plus)がリリースされた直後、DVDFabはDVD リッピングをアップグレードし、DVDからiPhone 6s (Plus)への変換をサポートするように、プロファイルライブラリにiPhone 6s (Plus)のプロファイルを追加しました。もちろんこのプロセスも数クリックと数分間で終了することができます。

 

ではDVDFab DVD リッピングを使ってこの作業を始めましょう。

 

ステップ1:DVDFab DVD リッピングを実行し、ソースをロードする

DVDFabランチャーを実行して、リッピングオプションを選択します。次は指示に従ってiPhone 6s (Plus)動画に変換するDVDを追加します。

 

ステップ2:iPhone 6s (Plus)を選択し、設定を行う

ソースのロードと分析の数秒後、タイトルとオーディオ&ビデオストリームを含む正しい構造が認識されます。まず左パネルに移動してプロファイルアイコンをクリックでDVDFabプロファイルライブラリを開きます。デバイスそしてAppleタブの下にiPhone 6s/ 6s Plusを選択します。

 

必要な場合、詳細設定をクリックで出力動画のビデオとオーディオに関する全てのパラメータを設定します。

 

DVDFabの排他的な動画編集機能は、動画効果、ビデオのトリミング、ビデオのクロップ、イメージやテストウォーターマークの追加および外部字幕の追加を含む高度カスタマイズ設定する権限を与えます。

 

ステップ3:DVDからiPhone 6s (Plus)へのリッピングを開始

出力動画について全ての設定がOKでしたら、開始ボタンをクリックでDVDからiPhone 6s (Plus)へのリッピングを開始します。数分後、タスクが完成する予定です。

 

変換が完了したら、フォルダアイコンをクリックで出力場所を開き、動画品質をチェックします。出力動画をお使いのiPhone 6s (Plus)に転送することによって、プロセス全体は完了です。お楽しみください!

① DVDディスク、フォルダ、ISOファイルに含まれるビデオ/オーディオを簡単に他のフォーマットに変換
② 出力対応フォーマットは幅広く、MP4/AVI/FLV/MKV/MP3/M4A/WMAなどあらゆるフォーマットを網羅
③ 詳細設定により透かしや字幕、BGMなどを自分好みに合わせ設定
④ 従来の保護はもちろん、最新の保護までもサポート
⑤ 最新技術により、高速・高画質を実現