Blu-ray 3D SBS(サイドバイサイド)とは?

2019-05-16 05:52:41



SBS 3Dはサイドバイサイド3Dの略語で、3D内容を3D TVで観賞する時にフレームシーケンシャル3D以外の最適な3Dフォーマットとして流行っています。

 

周知のように殆ど全ての3D TVはフレームシーケンシャル形式の3Dビデオを再生できます。然しながら、入力3D信号がすべてフレームシーケンシャル3Dであるわけではありませ ん。

再生のためにほとんど全ての3D TVは様々な入力3D内容をフレームシーケンシャル形式に変換でき、3D観衆にとって非常に便利です。様々な入力フォーマットの中で、サイドバイサイド3Dは一番人気が高いです。

 

どのようにしてSBS 3D作業するか?

サイドバイサイド3Dは両目を対象としてフル1080p又は720pフレームで二つの半分に分けて、左半分と右半分のフレームに適応するように、全体フ レームを左目と右目の水平方向に応じて縮小します。例として、720pの3Dビデオ(解像度:1280*720)は左目のためにフレームの解像度が640*720、右目のために640*720です。3D TVはSBS 信号を受信した後、両目に応じて各フレームを分割し、そしてそれぞれのフレームをフルHD解像度に適当なスケールに変更します。これらの個別フレームはア クティブシャッター3Dメガネに同期したフレームシーケンシャル方式で交替に再生されます。

 

SBS 3Dの利点と欠点

明らかにSBS 3Dの欠点は水平方向でイメージ解像度の半分分割です。SBS 3Dの品質はシーケンシャル3Dビデオより低いです。しかし、この差別は顕著ではなく、3Dの楽しみにも影響を与えません。どうしてダウングレード出力品 質のSBS 3Dは流行っていますか?答えは利点が欠点より重要です。まず、SBS 3Dは通常にHDビデオと同じな帯域幅を利用します。だから現在のHDビデオと同じな送信方法でSBS 3Dを送信できます。これはケーブルまたはビデオテレビに適合し、殆ど全てのTV(及び一部のプロジェクター)でも利用できます。そして、3Dビデオを見 るため、高価なセット・トップ・ボックス交換機が要りません。また、SBS 3Dは3D BDをコピーやバックアップする完璧な方法です。SBS 3D出力によりソース3Dをハーフサイズ(或はもっと小さいサイズ)でディスクにバックアップでき、お金を節約できます。さらに、SBS 3D ブルーレイは独立な2Dブルーレイプレーヤー又は3D TVでご覧になれますので、高価な3D BD プレーヤーを購入する必要はありません。

 

DVDFab SBS 3Dソリューション:業界で一番柔軟な3DソリューションとしてのDVDFabはSBS 3Dソリューションを持っています。

 

*Blu-ray リッピング:3Dブルーレイを様々な形式のSBS 3D動画に変換できる

 

*2D 3D変換:DVDリッピング、Blu-rayリッピングまたは動画に変換と協力して殆どのDVD、ブルーレイまたは動画を様々な形式のSBS 3D動画に変換できる

 

*Blu-ray コピー:3DブルーレイをSBS 3DをBD25/BD9/BD5にコピーして単独な3Dブルーレイプレーヤーまたは3D TVで観賞することができます。

① Blu-rayをディスク(Blu-ray / DVD)へ複製 / PCローカルドライブに保存 / ISOファイルに変換して保存可能
② コピーガードを解除できます
③ 高速で使いやすい
④ ハイクオリティな画質・音質を実現