DVDFab 10 ユーザーマニュアルをダウンロード

ダウンロード

接続モードをAHCIからIDEに切り替える方法

2019-01-23 03:52:53



ファームウェアを変更するには、PCをIDEモードにする必要があります。これは、BIOS/UEFIセットアップで一時的に切り替える必要があるSATAコントローラー設定です。通常はAHCIモードです。PCがAHCIモードになっていない場合は、この手順を実行する必要はなく、ファームウェアの変更に進むことができます。いくつかのPCはもうこの設定を持っていません、その場合あなたは運が悪いです。あなたはこの設定を持っている別のPCを見つける必要があります。

 

BIOS設定を変更するには、Windowsに新しいモードを自動検出してAHCIドライバの代わりにIDEドライバをロードするように指示する必要もあります。したがって、BIOSセットアップで設定を変更するために再起動するときは、Windowsにセーフモードで起動するように指示してください。セーフモードはSATAコントローラモードの変更後に常に作動します。

 

ご注意:SATAモードを切り替えた後にセーフモードで起動しないと、Windowsは起動しません。心配しないでください。もう一度BIOSに切り替えて、Windowsを再起動することができます。

 

ステップ1—「Windows 7及び以前のバージョン」Windowsを再起動

「Windows 8/8.1/10及び以降のバージョン」Shiftキーを押してながら、Windowsを再起動してください。

 

ステップ2— PCが起動したら、すぐにDelキーを押してBIOS / UEFIセットアップに入ります。セットアップキーの入力が異なる可能性があることに注意してください。F2またはEscかもしれません。詳細については、PCまたはマザーボードのマニュアルを参照してください。

 

ステップ3—BIOS/UEFIセットアップに入った場合、SATAコントローラモードを見つけます。詳細はマニュアルを参照してください。通常は「詳細設定」に「AHCI」の値を探します。見つかったら、それを「IDE」、「互換性」、または「Legacy」に切り替えますが、彼らはそれを呼び出しました。

 

ステップ4—保存、終了
「Windows 7または以前のバージョン」F8キーを押します。メニューが表示されたら、セーフモードを選択します。
「Windows 8 / 8.1 / 10の場合」選択肢が表示されたら、「トラブルシューティング」、「詳細設定」、「スタートアップ設定」(オプションの2ページ目)の順に選択し、「再起動」を選択します。次に、セーフモードを有効にするを選択します。

 

ステップ5—セーフモードのとき、Windowsは正しいドライバで起動するように仕事をしました。通常モードで再起動する以外に、やるべきことは何もありません。

関連情報

  • ディスカウント

    20%の割引を全製品に提供致します。
    チェックアウトページにクーポンコードを入力して下さい。 クーポンコード:

    JUTK-FAB-OFF

    有効期限:
    2019年 07月 01日

  • DVDFab オールインワン
    ライフタイムギフト(無期限版)

    4000円のAmazonギフト券無料でゲット!

  • Passkey for DVD & ブルーレイ

    ほぼ全てのDVD&ブルーレイ
    保護を解除できる

    価格: ¥7935 すぐ購入
  • DVD コピー + DVD リッピング

    ほぼ全てのDVDをコピー/焼き込む
    /クローン/リッピングできる最高の
    DVDコンボ

    価格: ¥9764 すぐ購入