8話 あらすじ

  • ギルバートをうまく拘束し、「黒の四」の在り処へ案内させるビター・スウィート
  • ビター・スウィートは黒の四を見ておそらく理解し、記憶した。そのあとドロテアが黒の四を入手
  • 保安局のダニエルが、整備士のハンスを事情聴取
  • 人工妖精を暴走させていたのは、妖精整備士のテッド
  • テッドはエディの息子で、軍に貢献したにも関わらず不当な仕打ちを受けた父親の復讐が今回の動機
  • エディが作った旧型の人工妖精で復讐をしようとしたテッド
  • ドロテアがそれを防ぎテッドは移送される
  • 終戦記念日の式典会場にいたヴェロニカ
スポンサーリンク

ビター・スウィートの性格とドロテア

自身の欲望のためなら平気で所属組織のグイカーリンを裏切るビター・スウィートを見て、ドン引きしていたマーリヤとクラーラ。

残る統一戦争の影と被害者【フェアリーゴーン 第8話】

出典元:dアニメストア

性格通り、ビター・スウィートはドロテアの二人を裏切って黒の四の在り処を聞き出すと、足早に単独行動に出ます。

そのビター・スウィートの性格を考慮して、裏切った時のためにクラーラはフリー達を外に待機させていました。ほんと隙が無いな。ドロテア女サイドw

残る統一戦争の影と被害者【フェアリーゴーン 第8話】

出典元:dアニメストア

合図を聞いて、ギルバート邸へ突撃するフリー達。

しかし、先を越されビター・スウィートには黒の四を記憶され逃げられてしまいます。まあ、黒の四が手に入ったから良しみたいな雰囲気ですが

残る統一戦争の影と被害者【フェアリーゴーン 第8話】

出典元:dアニメストア

黒の四の情報を持ったビター・スウィートは近い未来にまたビッグウェーブに乗ってマーリヤ達に噛みついて来そうですね。。。

てか、せっかくドロテアに協力してもらって穏便に行くのかとおもったら、ドロテアは捨て駒で結局強行突破かいw

相変わらずの女狐っぷりですね。

統一戦争の被害者「エディ」とその息子「テッド」

ロバートの元同僚のダニエルは、エディと関わりのあるハンスが怪しいと睨み、事情聴取のために連行します。

残る統一戦争の影と被害者【フェアリーゴーン 第8話】

出典元:dアニメストア

そこで発覚したのが、ハンスの助手のテッドはエディの息子であり軍内部の内通者は「テッド」だというのです。

テッドの動機は、父親エディの敵討ちです。エディは人工妖精を作り、統一戦争に大きく貢献したというのに評価されず、軍の整備士を自ら辞めてしまったそうです。

このエディが設計した旧型の人工妖精にはある仕掛けがありました。それは「強制操作」のシステムです。この強制操作を使って会場内の旧型の人工妖精を操作し、軍の復讐対象者を殺す。というのが今回のテッドが描いた筋書きです。今までの新型人工妖精の暴走は、新型に欠陥があると妖精省に認識させて終戦記念日の式典の警備が旧型の人工妖精に変更されることを目的として行われていたようです。わざわざ新型の人工妖精ではなく、エディが設計した旧型の人工妖精に拘るあたり、憎悪にまみれた復讐心が垣間見えますね。。。肝心の旧型の人工妖精を動かす笛ですが、これはエディがもっているはずのものです。テッドに託したのでしょうか?新型の人工妖精に強制操作のシステムを実装したのもテッドでしょう。エディの息子がエディを同じことが出来ても不思議はありません。

残る統一戦争の影と被害者【フェアリーゴーン 第8話】

残る統一戦争の影と被害者【フェアリーゴーン 第8話】出典元:dアニメストア

しかし、ハンスから情報を聞き出したロバートが会場に到着し、ドロテアによってそれは阻止されました。

無念の表情を浮かべるテッドに、同じく戦争によって人生を狂わされたフリーが言います。「人殺しが真っ当に裁かれる。いい時代だろ?」と。

残る統一戦争の影と被害者【フェアリーゴーン 第8話】

出典元:dアニメストア

ここのシーンは正直めちゃめちゃ刺さりました。。フリーは暗に伝えているのです。エディのような犠牲者がもう出ないようフリー達が見張ると。統一戦争から時間が経ち、傷は癒えていなくとも俺たちのような人間をこれ以上増やすのはダメだと。

自分の父親と同じ戦争経験者からのその言葉を聞き、唇を噛み締めながら移送されていくテッド。。

この「統一戦争の被害者」というのは、アニメフェアリーゴーンにおいて最も重要なテーマといっても過言ではないですね。

マーリヤ、ヴェロニカ、フリー、ウルフラン、ドロテアの構成員達、挙げればおそらくもっといるでしょう。それぞれに苦い過去があり、いまだに統一戦争の影に苦しみながら戦っているのです。この中の誰もが、テッドのようになる可能性があります。現にヴェロニカやウルフランは同じ道を辿ろうとしています。「テッド」という道を踏み外してしまったキャラが表現されることで、マーリヤ、ヴェロニカ、フリー、ウルフランの今後のストーリーに更なる重みが出ることでしょう。

アーケイムとシュヴァルツの狙い

今回の騒動、実行犯はテッドでしたが、裏で糸を引いているのは2話あたりで旧型の人工妖精を違法に所持していた「アーケイム」とその構成員ウルフランと接触していたシュヴァルツとレイ・ドーンです。

レイ・ドーンは人工妖精が暴走したとき驚いていたので、今回のことには関わってないかもしれませんが。

彼らの狙いは一体なんなのか。

エディが最後に所属した「アーケイム」。そのアーケイムが旧型の人工妖精をつかって何かしようとしている動きを見せています。

テッドが血眼になって復讐しようとしていたのをみて、エディは死んでいると思いましたが実際に死んだとは明記されていません。

アーケイムがテッドに余計なことを吹き込んで利用した可能性は大いにあり得ますね。その場合、エディが快く承諾するはずがないのでエディも監禁されている可能性があります。

ついでにヴェロニカが終戦記念日の式典にいた理由はシンプルにレイ・ドーンがいるから隙あらばやってやると偵察にきていたのだと思います。

残る統一戦争の影と被害者【フェアリーゴーン 第8話】

出典元:dアニメストア

ダミアンから「まだだぞ」と制止をかけられ、ヴェロニカが「わかっている。今はまだその時じゃない」と発言していることからもうすでに計画は完成していると思われます。

次の章は、ヴェロニカ達の復讐サイドのお話かも?

ロバートをファーストネームで呼ぶマーリヤ

ロバートはもと保安局員で、その他の職種も監視を主な業務としている仕事ばかりに就いており人間関係がうまくいかない性分らしくドロテアも例外ではないことを式典前にフリーから聞くマーリヤ。

残る統一戦争の影と被害者【フェアリーゴーン 第8話】

出典元:dアニメストア

式典後に、ひと段落着いて和んでいるドロテア。その時マーリヤが別れの挨拶に紛れて「お疲れ様です、ロバートさん」と。

残る統一戦争の影と被害者【フェアリーゴーン 第8話】出典元:dアニメストア

長らくファーストネームで呼ばれていなかったのでしょう、驚いて目を丸くしているロバート。

猟奇的な戦闘技術とタフな性格で、個人的に女の子らしさが消え失せていたマーリヤでしたが、ロバートに対する繊細な気遣いに感動しました。(´;ω;`)

スポンサーリンク

8話 「舞台そでの笛吹き」感想

統一戦争の被害者「テッド」。

上記にも書いた通り、このキャラはマーリヤ達と同じ境遇でマーリヤ達がこれから歩むかもしれない未来の一つを暗示しているのではないかと筆者は思いました。

主要キャラではなくとも、物語に奥行きを感じるうえでここの話はかなり重要だと感じました。

そういった意味も込められてタイトルの意味は、フェアリーゴーンという「舞台」でのサブキャラクターの物語「舞台そでの笛吹き」というのはどうでしょうか。