チュートリアル

Passkey for Blu-rayについてのガイド

2019-08-20 22:40:56


Passkey for Blu-rayはWindows ベースのBlu-ray Decrypterとして、Blu-rayディスクにかかった全ての周知のAACSとBD+コピー保護、リージョンコード、BD-Live、UOPs、MKB V18及び最新のMKB V19保護を取り除くことができます。リッピングされたファイルはバックアップソフトウェアとBlu-ray再生ソフトウェアにアクセスされることができます。例えば:DVDFab Blu-ray コピー、DVDFab Blu-ray リッピング、PowerDVD, TotalMedia theatra 3、WinDVDなど。また、ImgBurn、Nero Recodeのようなサードパーティ製のソフトウェアと互換性があります。

 

下記はPasskeyでBlu-rayをリッピングする操作手順です。

 

ステップ1:インストール

https://ja.dvdfab.cn/download.htm からPasskey for Blu-rayの最新版をダウンロードして、インストールしてみてください。

 

 

ヒント:

Passkeyを成功にインストールできない場合、下記の操作を行ってください。

 

まずpasskeyソフトウェアをアンインストールしてください。「コントロールパネル」における「プログラムの追加/削除」機能を利用してそれをアンインストールしてください。マイコンピューターを開き、c:\Program Filesまたはpasskeyのインストール先を開いてチェックしてください。完全に削除できない場合、手動的に削除しなければなりません。そして、コンピューターを再起動してください。

そしてダウンロード先:http://ja.dvdfab.cn/download.htmから最新バージョンをダウンロードしてください。

 

ステップ2:起動

DVDFab Passkeyを起動して、次のようこそ画面が表示されます。Blu-rayオプションを選択して、「DVDFab Passkeyを起動」ボタンをクリックすると、DVDFab Passkeyはシステムトレイに最小化します。

 

 

Blu-rayムービーディスクをBlu-ray光学ドライブに挿入して、Blu-rayディスクのリージョンコードを指定します(Blu-rayケースの背面に見つけることができる)。

 

 

ここからPasskeyは自動的に実行しディスクの保護を取り除きます。次のプロセスバーより進行状況を見ることができます。

 

 

また、設定/情報ウィンドウから保護数量及びPasskeyより見つけった保護をチェックすることができます。

 

ステップ3:無制限のBlu-rayディスクを再生

復号化のプロセスを行った後、無保護のディスクを取得し、PowerDVD、WinDVDなどのようなBlu-ray再生ソフトウェアで再生できます。

 

ステップ4:ハードドライブにリッピング

Blu-rayをフォルダかISOイメージファイルにしてハードドライブに簡単かつ迅速にリッピングする方法があります。圧縮なしで数クリックによって1:1コピーができます。

 

ヒント:保存先に十分な空き領域、少なくとも50 GBのスペースがあることを保証してください。BD 50のBlu-ray映画をリッピングし、約30 GBの空き領域が残っている場合、ターゲットポイントとして別のハードドライブに変更を要求するポップアップメッセージが表示されます。

 

 

ここでD:\ドライブに変更しリッピングプロセスを開始します。

 

 

プロセスが終わったら、BDMV/STREAMSディレクトリに従って、VLCかMPC-HCでファイルサイズが最大の.m2tsファイルを再生することができます。初めにターゲットをD:\に設定したことによって、.m2ts ファイルを再生するにはD:\DVDFab\AUSTRALIA\BDMV\STREAM に行きます。

 

Blu-rayをISOイメージファイルにリッピングしたら、DVDFab 仮想ドライブをダウンロードしインストールして、そのISOファイルをマウントし、PowerDVD、VLC、MPC-HCなどのような再生ソフトウェアで再生することができます。

① 市販・レンタルBlu-rayのほぼすべてのコピーガードを解除可能
② リージョンフリー
③ Blu-rayをフォルダやISOファイルにリッピングしてHDDに保存
④ 第三方ツールで出力したISOファイルを修復できる
⑤ 簡単かつ柔軟な設定