DVDFab DVD 作成

2019-03-19 03:31:24


結婚式のプロファイル、子供の運動会や旅行などの時に撮った大切なビデオをを永遠に保存するために、それをDVDに焼く必要があります。その場合、DVDFab DVD作成をお薦めします。このソフトを使って、動画からDVDを簡単に作成できます。

 

下記はDVD作成の詳細な操作手順です:

 

ステップ 1:DVD作成モードを選択

DVDFab 10のアイコンをダブルクリックして、表示された画面でオプションバーから「作成」を選んで、左側における作成モードスイッチャーをクリックして、作成モードを「DVD作成」にしてください。

 

 

ステップ 2:ソースを読み込み

メインインタフェースにおける「+」ボタンをクリックして、ソースを追加して、または動画ファイルをメインインタフェースにドラッグ・アンド・ドロップしてください。

 

 

ステップ 3:設定を行う

3.1 情報

情報ボタンをクリックして、ソースの情報をチェックすることができます。

 

 

3.2 メニューモード

ソースのロードが完了した後、レンチのようなアイコンをクリックして、「詳細設定」画面を開いてください。

 

 

メニューを作成したいなら、メニューモードオプションでカスタムを選択します。カスタムメニューをクリックして、テンプレートから1つを選んでください。

 

 

メニューが要らないなら、メニューなしを選択してください。

 

 

3.3 ボリュームラベルと出力

「ボリュームラベル」ボックスに出力ファイルの名称を変更することができます。

出力サイズをDVD5またはDVD9に設定できます。

 

3.4 メニュープロパティと再生モード

メニュープロパティ:このオプションでテレビ画質とアスペクト比を設定できます。

再生モード:このオプションで作成したファイルの再生順番を設定することができます。

 

3.5  音声と字幕

メインインタフェースの「オーディオ」オプションで音声を設定できます。

「字幕」オプションで字幕を設定できます。

 

 

3.6  プレビュー

プレビューボタンをクリックして、ソースの内容をプレビューすることができます。

 

 

3.7  出力ディレクトリ

メイン画面の左下隅における「保存先」オプションで出力ディレクトリを設定できます。

出力ディレクトリは3種類があります:ディスク、フォルダ、そしてISOイメージファイル。

出力ファイルをDVDディスクに書き込む場合、お使いのドライブを選択してください。出力ファイルをPCのHDDに保存する場合、フォルダまたはISOイメージファイルのアイコンをクリックして、出力ディレクトリを選択してください。

 

 

ステップ4:処理開始

4.1 ディスク

保存先でドライブを選択した場合、書き込みプロセスを開始するためにディスクを挿入することが要求されます。設定した出力サイズによりDVD5またはDVD9の空白ディスクを挿入すれば結構です。

 

4.2  フォルダ/ ISO

保存先でフォルダまたはISOイメージファイルを選択した場合、開始ボタンを押すと、処理プロセスがすぐに開始されます。詳細な進行状況が見えます。

「全てのタスクが完了した場合」オプションでタスク完成後のPCやソフトのステータスを設定できます:何もしません、プログラムを終了、休止状態、またはシャットダウン。

 

 

以上はDVDFab DVD作成で動画からDVDを作成する方法です。

 

ヒント:

必要なソフトウェア:DVDFab 10の最新バージョン

必要な製品:DVDFab DVD作成

お使いのPCに出力DVDを再生するには、DVDFab メディアプレーヤーをお勧めします。

① 様々な動画形式を自分特製のDVDに作成可能
② DVDディスク、ISOイメージ、フォルダ形式の出力に対応
③ 複数のメニューテンプレートセットを用意&定期的に更新
④ 上級者向けの柔軟なカスタマイズ機能を搭載
⑤ 最新の加速技術により、超高速な変換を実現