注目すべきの4K UHDドライブ

 

 

4K UHDに対応するドライブとは何ですか?

通常、4K UHDによく対応するドライブは、BDXLメディアを読み取ることができるが、AACS2保護を実装していない通常のBlu-rayドライブを指します。このような4K UHDドライブは、公式のソフトウェアでは使用できませんが、通常のAACS1ホスト証明書を持つすべてのソフトウェアでUHDディスクデータを読み取ることができます。 代表的な例はLibreDriveです。これは、ドライブファームウェアによる制限や変換なしにディスクデータに直接アクセスすることを目的とした光ディスクドライブ(DVD、Blu-ray、UHDに適用可能)です。したがって、LibreDriveがディスクからのデータの読み取りを拒否したり、自身が「取り消された」と宣言したりすることはありません。 UHDディスクデータの読み取りには、USBドライブとも呼ばれる別の外部4K UHDドライブ、LG BE16NU50を強くお勧めします。 ただし、DVDFabユーザーに関しては、UHDによく対応するライブとは、DVDFab UHDコピーやUHDリッパーなどのバックアップソフトウェアがUHDディスクからデータを読み取り、バックアップタスクを続行できる4K UHDドライブを意味します。逆に、DVDFab UHDコピーとUHDリッピングがディスクデータを読み取ってバックアップタスクを完了できない4K UHDドライブは、4K UHDに対応したいドライブと呼ばれます。

UHDに対応しないドライブをどうするか?

無数の4K UHDドライブが市場に出回っているので、購入したいわゆる「4K UHDフレンドリードライブ」がUHDのコピーまたはリッピングに関して不愉快であると判明する場合があります。どうして? 実際、4K UHDドライブ内の既存のファームウェアは互換性がなく、UHDバックアップソフトウェアがUHDディスクからデータを読み取ることができず、個人用にUHDをコピーまたはリッピングすることはできません。 UHDに対応していないドライブをどうするか? この機会に、あなたは新しい試練を燃やす必要があります。多分、ほとんどのユーザーは手動でファームウェアを更新して、UHD対応ドライブの機能を実現する傾向があります。それでも、これは完璧な解決策ではありません。 結局のところ、ファームウェアを手動で更新すると、UHDドライブが損傷し、保証が無効になる可能性があります。 万が一プロ用のツールを使っても、そのような操作は失敗するかもしれません。

UHDに対応しないドライブに万能なソリューション:DVDFab UHDドライブツール

起こり得る失敗を回避するために、ここに問題を解決するための確実なカードが付属しています。DVDFab UHDドライブツールは、非フレンドリーなファームウェアをUHD対応バージョンにダウングレードして、DVDFab UHDコピーとUHDリッピングがディスクの内容を読み取ってUHDをさらにコピーできるように設計されています。ハードドライブまたはコンピューターに、またはUHDをデジタル形式にリッピングして、DVDFabプレーヤー6のようなプロの4K UHDプレーヤーやサムスンNU8000のような4KウルトラHDテレビで複数のデバイスで再生できます。

4K UHD Blu-rayドライブに関する詳細情報 4K UHD Blu-rayディスクは旧式のドライブ(2015年後半より前)と互換性がない新たなトライブです。BD XLと非XLドライブが動作できないのは同じ理屈です。ドライブの意味は駆動装置です。 2015年に、いくつかのLGドライブは新しいハードウェアデザイン、フロント(ベゼル)を手に入れ、そしてUHDディスクの内容も見始めました。それらはSVC NS50ラベルつきのWH16NS40とBH16NS40です。これらのUltra HD Blu-ray ドライブはDVDFabと必ずうまく動作できます。UHDフレンドリーと言っても過ぎないです。AsusはLGドライブが改造して、WH16NS40とBH16NS40もアップデートしました。その為、古いモデルの新しいUltra HD Blu-ray ドライブはDVDFabと互換性があります(下記のリストを参照)。より安全な製品を購入するには、北米以外の地域では、BH16NS55と同じようなドライブが見つかります。 BE16NU50と呼ばれているUSB 3.0ドライブをお勧めします。多くのUHD ドライブにはほとんど一つのバグがあります:UHDディスクが挿入されてから2分以上使用されていないと、UHD BD ドライブは自動的にスタンバイモードに入り、ディスクを読み取れません。一番簡単な解決方法はディスクを取り出して、再度ロードすることです。だが、近いうちに必ず素晴らしい解決策があります。 2016年のある日にLGは新しいUHDドライブ-BU40NとBU50Nをはじめとして発表しました。Buffaloは日本で再バッジしましたBU40Nをリリースしました。それらのUltra HD Blu-ray ドライブはとても安定ですごくお勧めです。最後に、LGは米国で初の内部公式UHDドライブ-WH16NS60を発表しました。このUHD BD ドライブもお勧めです。

注意: ご自分のUHD ドライブを新しいファームウェアまたはパイオニアがリリースするかもしれませんの新しいファームウェアへアップデートしないでください。もしアップデートしたら、DVDFabと動作できない状態になります。ファームウェアをアップデートする前に必ずこのページを確認してください。ドライブとDVDFabが動作できる限り、ファームウェアを更新する必要がありません。

UHD 公式ドライブ:

LG WH16NS60 (内蔵、ファームウェア:1.00)

Buffalo BRUHD-PU3 (外付け, USB,ファームウェア:BU10)

LG BU40N (内蔵スリム/ラップトップ,ファームウェア:FR07, TST0, BU10, CA03, A100)

LG BU50N (内蔵スリム/ラップトップ,ファームウェア:GE02)

 

UHDによく対応するドライブ:

LG BE16NU50 (外付け, USB,ファームウェア:1.01) (推薦)

LG WH16NS40 (内蔵、SVCコード:NS50)

LG BH16NS40 (内蔵、SVCコード:NS50)

ASUS BW-12B1ST (内蔵、2015年以降製造)

ASUS BC-12D2HT (内蔵、2015年以降製造,ファームウェア:3.00)

ASUS BW-16D1HT a (内蔵、2015年以降製造,ファームウェア:3.01)

LG BH16NS55 (内蔵、ファームウェア:1.00~1.02)

LG WH16NS58 (内蔵,ファームウェア:TST5) 

ASUS BW-16D1H-U A201 (外付け、USB、2015年以降製造,ファームウェア:A201)

LG BU30N (内蔵スリム/ラップトップ,ファームウェア:0217, 0245)

もしバックアップをサポートしない最新バージョンにアップデートしたら、DVDFab UHDドライブツール を使って、元のバージョンにダウングレードすることができる。サポートリストをご確認してください。

UHDフレンドリードライブ おすすめ:

LG WH14NS40 (内蔵,SVCコード: NS50) もう検証された
LG WH16NS40 (内蔵, SVCコード: NS50) もう検証された
LG BH16NS40 (内蔵, SVCコード: NS50) もう検証された
LG UH12NS40 (内蔵) もう検証された
LG BH16NS55 (内蔵) もう検証された
LG BH14NS58 (内蔵) もう検証された
LG BH16NS58 (内蔵) もう検証された
LG WH16NS58 (内蔵) もう検証された
LG BE16NU50 (内蔵, USB接続) もう検証された
ASUS BC-12B1ST a/b (内蔵, 2015年以降製造) a機種が検証された
ASUS BC-12D2HT (内蔵, 2015年以降製造) もう検証された
ASUS BW-16D1HT a/b (内蔵, 2015年以降製造) もう検証された
ASUS BW-16D1H-U (外付け、USB接続、ファームウェアバージョンは文字Aで始まる、2015年以降製造)
UHD公式ドライブ:

LG WH16NS60 (内蔵,お薦め) もう検証された
ご注意:将来にもっと多くのドライブに対応する場合、常に更新します。