4K ULTRA HDとは?

4K ULTRA HDについて知るためには、4KやUltra HDについて把握しなければいけません。まずは4KやUltra HDの特徴についてご紹介します。

そもそも4Kとは?

テレビメーカーからも4Kテレビが多く販売されており、「4K」という言葉を聞く機会は多くなりました。しかし、その内容を詳しく説明できない方は多いはずです。4Kとは、映像における画面解像度を指し、横の画素数が約4000であることから4Kと呼ばれています。一般的に使用される4K解像度は、横3840画素・縦2160画素です。

スマホやテレビ画面は、小さな点の集まりで映像ができていると認識している方は多いでしょう。その点を「画素」と呼び、画素を示す単位を解像度と呼びます。4K以外で見聞きすることが多いSDの解像度は720×480、HDでは1280×720、フルHDでは1920×1080となり、その数が大きいほど映像は綺麗になります。

なぜ4Kが注目されるようになったのか、その理由はテレビの画面サイズが大きくなったことに関係しています。テレビの画面サイズが大型化しても、映像の解像度がこれまでと同じであれば画質は粗くなります。これは、コピーした印刷物に例えるとわかりやすいです。

例えば、B5の用紙に絵を描きA2サイズに拡大コピーしたとします。その場合、絵は粗く見えにくくなってしまいます。その原理と同じでテレビが大きくなっても解像度がその大きさに伴わなければ画質が下がり、細かな部分まで見えずに不満を抱えてしまうのです。

ブラウン管のテレビが普及していた頃のテレビの解像度は約720×480です。時代を重ねていくごとにテレビは薄型化し、画面サイズも大型化していきました。今では50インチや60インチ、中には100インチのテレビを使用している家庭も珍しくありません。デジタルテレビの画像解像度に関しては、1440×1080もしくはフルハイビジョンの1920×1080まで上がり、映像はより美しくなっています。

しかし、ハイビジョンよりもさらに上の画質が求められたことで誕生したのが4Kです。3840×2160の解像度となり、フルハイビジョンの約4倍も解像度が高くなっています。

4KとUltra HDとの違い

4KとUltra HDの違いを知るためには、Ultra HDについて理解する必要があります。Ultra HDとは、「Ultra-High Definition」の略で「UHD」とも呼ばれています。

Ultra HD は高画質映像の規格です。解像度が横4000縦2000ほどの解像度か、それ以上の解像度の総称です。そのため、Ultra HD画質には4K以外にも8Kも含まれています。

ちなみに8Kとは、4Kの4倍、2Kの16倍の7680×4320の解像度です。色彩や陰影の表現が非常に豊かな映像美が特徴です。

4K ULTRA HD はITUが定めた規格

4K ULTRA HDは国際電気通信連合(ITU)が家庭や放送用途向けに定めた規格を指します。解像度は3840×2160で、テレビ放送だけではなく動画配信やゲーム機などの4K規格としても用いられています。一般的には、「UHD」と表記されるケースが多いです。

また、アメリカの映画業界団体DCIが定めた規格として「DCI 4K」も存在します。解像度は4096×2160です。これは、高画質な映画を製作する際に使用される規格なので一般的な利用者には馴染みがなく、あまり関係のない規格です。

4K Ultra HD Blu-ray を視聴する方法

これまでのBlu-rayと比較すると4K Ultra HD Blu-rayは画質が良く綺麗な映像が特徴です。家庭でも視聴したいと考える方も多いですが、一般的なBlu-rayプレーヤーでも視聴できるのか疑問に感じている方もいるはずです。そこで、4K Ultra HD Blu-rayを視聴する方法を解説していきましょう。

普通のBlu-rayプレーヤーでは再生できない

4K Ultra HD Blu-rayを視聴する場合、手持ちのBlu-rayプレーヤーで視聴できれば手軽に映像を楽しめます。しかし、これまでのBlu-rayプレーヤーでは再生できないので注意してください。

また、Ultra HD Blu-rayの信号を活かした映像を観るためにはUltra HD Blu-ray対応の4Kテレビも費用になります。その他にも、4Kテレビとプレーヤーを接続するHDMIケーブルも4K/60p/18Gbps高速伝送対応のケーブルが必要になるので忘れずに用意しましょう。

4K Ultra HD Blu-rayをパソコンで再生する方法

4K Ultra HD Blu-rayは、パソコンを使用しての視聴も可能です。再生するためには、以下のアイテムが必要です。

  • 4K Ultra HD Blu-ray対応のディスクドライブ
  • 4K対応のケーブル
  • 4Kディスプレイ

ディスクドライブは内蔵のものだけではなく、外付けでも視聴できます。4K Ultra HD Blu-rayに対応していなければ読み込みができないので、購入する際には必ず確認しましょう。

ただし、パソコンの映像出力環境が4Kに対応していないとHD画質で再生されてしまいます。4Kの画質を体験し、より美しい映像を楽しむためには4K Ultra HD Blu-rayに対応しているケーブルとディスプレイが必要です。所有しているパソコンやケーブルを確認し、非対応であれば新しく購入する必要があります。家電量販店やネットで検索をして対応しているものを探してみましょう。

4K Ultra HD Blu-ray を変換して視聴する

所有している4K Ultra HD Blu-rayを再生したくても、4Kテレビや対応しているパソコンを購入する必要があります。「費用を捻出できない」「買いに行く時間がない」といった場合は、これまで使用していたBlu-rayプレーヤーで再生できないかと考えるはずです。その場合は、4K Ultra HD Blu-rayを通常のBDに変換すれば今まで使用していたBlu-rayプレーヤーでの視聴が可能です。

変換する方法としては、ソフトウェアの「DVDFab UHD ブルーレイ変換」を使用した方法があります。変換方法は以下のとおりです。

①DVDFabをダウンロードする

DVDFab UHD ブルーレイ変換のページサイトに行くと、無料ダウンロードの項目があるのでクリックしてください。

 Windows版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)
 Mac版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)

②UHD Blu-rayをロードする

DVDFabを起動し、コピーモジュールへ移動し「UHDブルーレイ変換」を選択してディスクを認識させてください。その後、「+」アイコンをクリックしてBlu-rayドライブを指定します。

③変換プロセス開始

タイトル、音声トラック、字幕、出力サイズ、出力先などを選択し、Ultra HD Blu-ray 変換プロセスをスタートしてください。

変換するためには、4GB以上のRAMや200GBのハードディスクの空き容量などが必要です。それ以外にも、必要な動作環境があるので変換をして視聴したい場合は、DVDFab UHD ブルーレイ変換をチェックしてみてください。

Ultra HD Blu-rayを再生するにはPlayerFab Ultra HD プレーヤーを使用する

4K Ultra HD Blu-rayは対応しているプレーヤーがあれば視聴可能です。様々なプレーヤーが存在していますが、「PlayerFab Ultra HD プレーヤー」は多機能なのでおすすめのプレーヤーです。

4K Ultra HD Blu-rayには、リージョンコードがあり特定の地域でしか再生できない制限がかけられているケース���あります。その場合、他の地域で再生しようとしてもエラーになり視聴できません。しかし、PlayerFab Ultra HD プレーヤーであれば世界のどこで製造されたBlu-rayでも再生が可能です。また、Blu-rayプレーヤーと言っても、DVDを再生することもできます。

また、毎回UHD Blu-rayディスクを読み込むには時間がかかるので、PlayerFabにISO化して取り込めば次回からドライブがなくても楽しめます。おしゃれなポスター展示もこのプレーヤーの魅力の一つです。

その他にも、ディスクにある広告やメニューを省いて本編のみが視聴できるシンプルモードや3D映像の再生、タイトルの変更といったメタデータの編集なども可能です。無料で色々なラジオを聴くことができます。視聴しやすい環境が整っているのでストレスなく快適に4K Ultra HD Blu-rayを視聴できます。ダウンロードをするだけで視聴できるので、気になる方はチェックしてみてください。

今回は、4K Ultra HDについて解説してきました。テレビの大型化によって画像解像度の高さが求められたことから4Kは普及してきました。より美しい映像で映画やドラマを楽しみたいなら、4K Ultra HD Blu-rayの作品を視聴してみましょう。

「DVDFab UHD ブルーレイ変換」や「PlayerFab Ultra HD プレーヤー」を活用すれば視聴可能なので必要な動作環境を確認し、ダウンロードを検討してみてください。ブルーレイとDVDの違いは別記事に記載されております。