DVD コピー

DVDを借りた時に「コピーしていつでも見られるようにしたい」と感じたことはありませんか?しかし、コピーの方法がわからなければ諦めるしかありません。もしも簡単にコピーできるやり方があるなら知りたいと思う人もいるのではないでしょうか?そこで今回は、DVDをコピーする方法とおすすめのソフトをご紹介します。

【有料】高機能のDVDコピーソフトおすすめ 5選

まずは、有料で高機能なDVDコピーソフトからみていきましょう。

比較 DVDFab DVD コピー WinX DVD Copy Pro VideoByte DVDコピー Leawo DVDコピー Power2Go
対応OS Windows、Mac Windows Windows、Mac OS Windows、Mac Windows
日本語対応
対応コピーガード ほぼ全て 録画DVD以外のほとんど 殆ど 録画DVD以外のほとんど
DVD圧縮
コピーモード 6つ 3つ 3つ 3つ /
入力形式 DVDディスク/フォルダ/ISOファイル DVDディスク/フォルダ/ISOファイル DVDディスク/フォルダ/ISOファイル DVDディスク/フォルダ/ISOファイル DVDディスク/フォルダ/ISOファイル
出力形式 DVDディスク/フォルダ/ISOファイル DVDディスク/フォルダ/ISOファイル/MP3など音声形式 DVDディスク/フォルダ/ISOファイル DVDディスク/フォルダ/ISOファイル DVD

DVDFab DVD コピー

dvd コピー フリーソフト

アオキ
DVDコピーするならDVDFabが定番ですね。
その超強いコピーガード解除力とDVD実行スピードが嬉しいポイント。
 
対応コピーガード:CSS、UOPs、APS、RC(リージョンコード)、DADC、Disney's Fake、AVコピーガード、 Sony ARccOS、RCE、容量偽装技術、CPRM、CPPM、Cinavia

DVDFab DVD コピーは、DVDの処理ソフトの中でも歴史が深く、長年ユーザーから愛されている名ブランドコピーソフトです。性能の高さと使い勝手の良さが評価されています。市販/レンタル/録画/自作のDVDをコピーして、空のDVDディスクに書き込むか、ISOファイル/フォルダにリッピングしてローカルHDDに保存できます。一年前のDVDなら永久無料でコピーすることができます。

DVDFabに独自のCloud Decryption Service(オンライン解読サービス)を採用して、DVDがリリースされたらソフトを更新せずにもすぐに最新のDVDをコピーできるようにしてくれます。また、高画質ディスクや動画を処理するのはDVDFabの強みなので、DVD処理速度にも優れています。

フルディスク、メインムービー、カスタマイズ、分割、結合とライティングの6つのコピーモードで自由度の高いDVDコピーを行えます。

また、DVD9からDVD5への高品質圧縮や、オリジナルのDVDの品質を落とさず複製、マルチタスクをサポートし、超高速の書き込み速度も魅力的です。

メリット
  • 録画DVDを含めて殆どのDVDをコピーできる
  • プロテクト解除力が最も強い
  • ライバルに匹敵できないコピー速度
  • 永久に使える無料版あり
デメリット
  • やや高価
  • Cinavia解除には追加料金が発生

このソフトは30日間無料体験版を提供して、ソフトが持つ機能をすべて、無制限で使用できます。ほぼ全てのコピーガードを解除できるため、特におすすめのソフトです。

以下のボタンをクリックして、無料で全機能を体験しましょう。

  無料ダウンロード Windows 11/10/8.1/8/7
  100%安全(ウィルスチェック済)
  無料ダウンロード macOS 10.10 - 13
  100%安全(ウィルスチェック済)

WinX DVD Copy Pro

dvd コピー

対応コピーガード:CSS, リージョンコード, Sony ARccOS, UOPs, APS, RCE、容量偽装技術

DVDディスクやパソコンに保存する際に役立つソフトです。元々のディスクと同じ画質でコピーできます。多くのコピーガードに対応しているので、好きな作品を問題なくコピーできるのが魅力です。通常料金だと年間更新ライセンスが2,580円、永久ライセンスが8,202円となっていますが、セール中なら3280円だけで手に入れるので、コスパがいい。

tips icon
DVDをMP3などの音声ファイルに変換するという点はこのDVDリッピングソフトの独特の魅力です。

ただし、Mac OSには対応していません。また、インターフェイスが複雑なので初心者には難しいと感じてしまう可能性もあります。無料トライアルでDVDをまるごとコピーできず、5分間制限があります。また、返金ポリシーがあるが、予想と違って返品したいという理由でリクエストしたら返金できません。

メリット
  • DVDをMP3などにもリッピングできる
  • 価格は比較的に安い
  • 破損や傷ついたDVDにも対応
デメリット
  • 録画DVDに対応しない
  • DVDを編集できない
  • 5分間だけの無料お試し
  • Macで使えない
  • 圧縮機能がない
 

VideoByte DVDコピー

dvd コピー

対応コピーガード:CSS、CPRM、CPPM、Sony ARccOS、UOPs、 APS、RCE、

コピー性能の高さに定評があるのがVideoByte DVDコピーです。最近知名度が急上昇となっているのも注目されるポイントの1つです。通常価格だと1ヶ月プランは税込2,980円、永久ライセンスは税込4,482円となっています。コピーガードの解除性能も高いため、好きなDVDをコピーしやすいです。その他にも実用的な機能が搭載されています。ネットで特に有力な評価がなくて、多分まだ実績が浅いのが原因だろう。また、VideoByte DVDコピーには機能満載だが独特な魅力にかけていると思います。

無料体験版では、5分間以上の動画を5分間しかリッピングできません、5分間以下の動画を半分だけコピーできます。Intel App加速機能も利用できず、15日以内に5回だけDVDをISOやフォルダにリッピングできます。

メリット
  • 殆どのコピーガードに対応している
  • インターフェイスがシンプルで使いやすい
デメリット
  • エラー発生や動作不安定になったことがある
  • 速度がやや遅い

Leawo DVDコピー

レンタル dvd コピー

対応コピーガード:CSS、リージョンコード、 RCE、ARccOS、UOPs、APSなど

Leawo DVDコピーは、暗号化された市販やレンタルDVDをコピーできるもう一つのコピーソフト、録画DVDに対応しないが、機能に優れています。ISOファイルをDVDにコピーできたり、リージョンフリー対応のプレーヤーも内蔵されているなど、コピー以外の機能もあります。価格は4,935円と中等以上のレベル、セールを開催する時お得になるかもしれません。

フルディスクと、メインムービーとカスタム3つのコピーモードが用意され、DVDを1:1で書き込みしたり、片面2層のDVDを片面1層DVDへ圧縮したりすることもできます。

Leawo DVDコピーソフトウェアをダウンロードするなら複数の機能をまとめたProf.mediaとなり、サイズが大きいのでダウンロードに時間が結構かかりました。また、無料体験で5分間しかコピーできまず、実際のコピー処理速度も少々遅いと思います。

メリット
  • 市販やレンタルDVDに対応している
  • 圧縮機能なども入っている
デメリット
  • 録画DVDに非対応
  • ソフトサイズが大きくて重い
  • 体験版だと処理速度が遅い

Power2Go

Power2go

Power2Goはcyberlinkの看板製品、ディスクライティングを中心にした書き込みサイト、CDにも対応しているのがよく知られています。実際、Power2GoにDVDコピー機能を備えており、対応DVDと同形式のブランクDVDに完全に複製することができます。

しかし、残念ですが、Power2Goは、暗号化されたDVDに対応しておらず、破損したファイルが含まれたDVDにも対応していません。また、このソフトのもう一つのうざいところは、登録が必要、そしてpcとともにいつも自動的実行され、登録しないと自動実行キャンセルという設定を行えません。なお、ご購入の時、拡張ダウンロードサービスが自動的にカートに入れるので、そのチェックを外してください。無料体験期間は15日です。

メリット
  • ライティング機能が強い
  • 動画変換もできる
  • CDにも対応
デメリット
  • コピーガードがかかったDVDに対応しない
  • 無料体験でも登録が必須
  • 破損したDVDに対応しない
  • 操作が画面がやや複雑

【無料】DVDコピーフリーソフトおすすめ 6選

無料で使えるDVDコピーソフトの中でおすすめなのは以下のソフトです。

比較 DVDFab HD Decrypter DVD Decrypter DVD Shrink Handbrake ImgBurn VidCoder
対応OS Windows 11/10/8.1/8/7 (32/64 bit)、Mac OS Windows 11/10/8/7 Windows 8.1/ 7/ XP/ 2000/ Me/98 Windows 10/8/8.1/7/Vista、Mac OS Windows 10/8/7/XP/Vista(64 bitのみ) Windows 11/10(64 bitのみ)
日本語対応
対応コピーガード RC、CSS、APS、RipGuard、RCE、UOPs、ARcc OS  AACSとBD+など CSSやリージョンコードなど RC(リージョンコード)、APS、UOPs
入力形式 DVDディスク/フォルダ/ISOファイル DVDディスク/フォルダ/ISOファイル DVDディスク/フォルダ DVDディスク/フォルダ/ISOファイル DVDディスク/フォルダ/ISOファイル DVDディスク/フォルダ/ISOファイル
出力形式 DVDディスク/フォルダ/ISOファイル DVDディスク/ISOファイル DVDディスク/フォルダ/ISOファイル MP4・MKVなど DVDディスク/フォルダ/ISOファイル MPEG4・H264・H265・MKV・WEBM・MPEG2・M4Vなど

DVDコピーフリーソフト1.    DVDFab HD Decrypter

レンタル dvd コピー

主な対応作業:DVDリッピング、コピーガード解除
解除可能な暗号:RC、CSS、APS、RipGuard、RCE、UOPs、ARcc OS  AACSとBD+
動作環境:Windows、Mac
日本語UI:あり

DVDFab HD Decrypterの名前はDVD Decrypterとは非常に似ていますが、全く別の製品です。DVDFabという会社が開発した完全無料のソフトです。DVDをコピーしたり、リッピングしたりするにあたり、コピーガードがついており、コンテンツをパソコンに取り込めないときはこの無料ソフトを試してみましょう。

無料ツールとして、一年前のDVDだけに対してコピーガードの解除を行うことができます。
無料でDVDコピー、DVDリッピングやDVD動画変換などの機能の一部を使用できますが、無料なのでどうやら制限が多いようです。例えば、DVDを焼き込む機能がないです。自由にDVDコピー作成やガード解除などの機能を利用すれば、やはりDVDFabの有料製品を買う必要があります。

Blu-rayにも対応できる点は気に入っています。

DVDコピーフリーソフト2.    DVD Decrypter

dvd コピー windows10 無料

主な対応作業:DVD コピー、DVD焼き込み
解除可能な暗号:Macrovision、CSS、RC、RCE
動作環境:Windows
日本語UI:あり

DVD DecrypterはDVDのバックアップを取るために使われるDVDコピーフリーソフトです。このソフトを使うと、CSSやリージョンコードなどのコピーガードを回避し、元の画質を保ったままコピーできます。また、特定のチャプターやタイトルの抽出もできるため、非常に便利です。古いDVDが好きな人にはおすすめです。

対応コピーガードは基本的にCSSとRCだけ、もはや開発停止となっているので、2000年代後半ごろ以降のDVDを基本的にコピーできません。また、Windows向けのソフトなので、Macでは動かせません。

DVDコピーフリーソフト3.    DVD Shrink

dvd コピー windows10 無料

主な対応作業:DVDコピー
解除可能な暗号:RC(リージョンコード)、APS、UOPs
動作環境:Windows
日本語UI:あり

DVD Shrinkは、Windowsでの無料DVDコピーのプログラムで、主な機能はその名が示すとおり、品質の低下を最小限に抑えてDVDに保存されるデータ量を減らすことです。一方、圧縮による品質の低下は避けられないのです。非可逆的なMPEG-2圧縮アルゴリズムを使ったのは原因です。

また、リッピングしたり、DVDコピーを作成することや、特定の地域でしか再生できないようにするリージョンコードを削除したり、コピーガードを回避したりできます。最終バージョンは3.2.0.15(英語)と3.2.0.16(ドイツ語)です。DVD Shrink 2010のように名前だけをパクるものはすべて詐欺ソフトです。windowsでDVDを再生するならPC専用のDVDプレーヤーが必要です。

スタンプ付きのDVDは、縮小しない限り、書き込み可能なDVDよりも多くのスペースを必要とする場合があります。市販されているビデオDVDの多くは2層(8.5GB)ですが、DVD Shrinkはデータ量の多いDVDコンテンツを、書き込み可能な1層DVD(4.7GB)に収まるように縮小DVD コピーを作成することができます。

これも2004年に開発停止となっており、最新DVDをコピーする時エラーが発生したことが多い。

DVDコピーフリーソフト4.    Handbrake

dvd コピー フリーソフト

主な対応作業:DVDコピー、DVDリッピング、動画、音声変換
解除可能な暗号:解除不可
動作環境:Windows、MacOS、Linux
日本語UI:あり

HandbrakeはDVDだけではなくBlu-rayにも対応しているため、優れた変換ソフトとして知られています。DVDをリッピングしたり、データを常用の動画、音声の形式に変換することです。フ出力形式も豊富な種類から選べるようになっているため、利便性の高さにも定評があります。

DVDコピー作成のフリーツールですが、コピー保護の内容に対しては使用できません。

DVDコピーフリーソフト5.    ImgBurn

dvd コピー フリーソフト

主な対応作業:ISO作成、DVD書き込み
解除可能な暗号:解除不可
動作環境:Windows
日本語UI:あり

ImgBurnは、CD / DVD / HD DVD / Blu-ray書き込みの軽いDVDコピーのフリーソフトです。いくつかの機能を持っています。例えば、暗号化されていないディスクを読み込んでイメージファイルを作成、イメージファイルをDVDディスクへの書き込みができます。自動書き込み速度機能では、メディアIDごとに好みの書き込み速度の設定を保存することができ、ドライブごとに設定することも可能です。そして最も優れた点は100%無料のことです。

無劣化でコピーできますが、コピーガードの解除機能は搭載されていません。そのため、あくまでも家庭用として自作したDVDのみ利用できることになります。また、日本語のインターフェースを使用するために、公式サイトで日本語パックをインストールする必要があります。

DVDコピーフリーソフト6.    VidCoder

dvd コピー フリーソフト

主な対応作業:DVD変換
解除可能な暗号:解除不可
動作環境:Windows
日本語UI:あり

DVDやBlu-rayとその他の動画ファイル(MP4やMKVなど)の動画形式を変換できるフリーソフトです。DVD内の特定シーンだけ切り出したり、動画に字幕を合成したりする機能も備わっています。リサイズやクロップ、ノイズ除去などの編集機能も充実しています。

日本語には対応していますが、不自然な表記や英語のままになっている部分もあるので使いづらいと感じてしまうかもしれません。またコピーガードがかかっているディスクには対応していないので要注意です。

FAQ:DVDコピーに関するよくある質問

DVDコピーは、やり方に慣れていない人が多いです。そのため、気になる点があるという人もいるでしょう。そのため最後に、DVDコピーに関するよくある質問と回答をご紹介します。

1. DVDコピーとは?リッピング、ダビングとは?

さて、DVDの使用は頻繫に必要とされている以上、DVDのバックアップ、新しい作成なども避けられないでしょう。こ��したとき、DVDコピーの作り方を知らないと損になります。

DVDコピーとは名前とおり、DVDのデータを複製して新しいDVDを作成するプロセスです。通常、ISOや DVD‐videoもDVD形式と思われます。同じ意味を言う言葉にはDVDリッピング(ripping)やDVDダビング(dubbing)もあります。大体に同じ意味を表しているが、少しだけ差があります。それぞれの意味を見ていきましょう。

リッピングは、元々DVDディスクにあるデータをパソコンに取り込む過程を指します。DVDからPCまで出力されたデータは普通ISOイメージファイルの形式となります。各DVDリッピングソフトウェアを使えば、DVD(ISO・フォルダもOK)からMP4/MP3など汎用の形式に変換することができます。

なお、たくさんのサービスやソフトはDVDデータを直接的にMP4やMP3のようなパソコンで普通に扱える動画や音声に形式として作成することもできるので、これもリッピングの類に属します。

ダビングは、DVDに記録された内容のコピーや移動などの操作を包括する言葉として使われています。この意味でDVDコピーとは差が大きくはありません。また、DVDレコーダー・BDレコーダーでは、ハードディスクのドライブに録画した映像をDVD・BDメディアに転送すること(コピー/ムーブ・移動)もダビングといい、DVDを焼き込むという意味合いが多くて、必ずしも複製とは必ずしも一致しません。

まとめて言うと、DVDコピーはデータ出力と焼き込むという二つのプロセスを持っているため、リッピングとダビングの両概念とも含めています。

2. DVDコピーとDVDリッピングは何が違う?

DVDコピーとDVDリッピングは、似たような言葉だと思っている人もいるかもしれませんが別物です。

DVDコピーソフトは、DVDディスクやDVDフォルダ、ISOイメージファイルをそのままHDDや空きがあるディスクにコピーします。一方DVDリッピングソフトは、DVDディスクやDVDフォルダ、ISOイメージファイルをMP4・WMV、FLV・ MOV・MKV・AVIに変換し、パソコンのHDDに保存します。パソコンのHDDに保存するため、一般的なメディアプレイヤーで再生可能です。

このことから、DVDコピーはディスクやパソコンにバックアップすること、DVDリッピングは動画形式を変換することと言えます。例えば、スマホで再生できるようにしたい場合、DVDリッピングを行うことになります。

tips icon
DVD コピー:DVD(ISO/DVD‐video)⇒DVD・ISO・DVD‐video 
DVDリッピング:DVD(ISO/DVD‐video)⇒MP4・MKV・MP3…
 

3. 著作権で保護されたDVDをコピーするのは実は違法?

DVDFabを購入したら危険ですか?もちろん、DVDコピーを作るのもいろいろな状況があります。例えば、DVDレコーダーを使ってTV番組を録画してDVDディスクに書き込むこと、ホームムービを記録しているDVDをコピーすることとかはぜんぜん問題ありません。

dvd コピー フリーソフト

画像出典:https://simpc.jp/tec/item/sc-256/

映画、ドラマ、音楽をのせたDVD販売やレンタル向けのDVDは著作権が保護されているため、たとえ私的使用であっても、内容をコピーしたりリッピングしたりすることは法律上容認されません。

著作権を保護するために、発行側はコピーガードをDVDにかけています。コピーガードはDVDコピーを阻むために設計されている様々なアルゴリズムです。具体的に言うと、CSS、RC(リージョンコード)、RCE、APS、UOPs、ARccOS、RipGuardなどがあります。

一方、これらを無効にすることができる無料や有料なソフトも数あり、その中、ほとんどが海外ツールなので、国それぞれの法律が異なるため、批判的に見るのは良いや否やはさておき、ましてや日本でも愛用者がたくさんいるのも紛れもない事実です。

4. DVDコピーを作る無料ソフトと有償ソフトはどっちがいい?

DVDコピーを作るにあたり、ネット上ではたくさんのソフトやソフトおすすめのサイトが見られます。DVDコピーを作る初心写真にとっては、どれにすればいいか迷いやすいですね。たくさんのユーザーに検証された無料のDVDコピーフリーソフトがある以上、まずそれらを利用してDVDコピーを作ってみるのはお得ではないかと思います。DVDコピーの作成プロセスの勉強にはとても役立つと思います。

DVDコピーのプロセスを熟知するうえでさらに強い機能を求めるなら、自分のニーズに合わせて有償製品を買うのは遅くはありません。

しかし、DVDコピーの無料ツールは成功にコピー保護の強いDVDをコピーできないという大きい弱点も持っています。この点において、有料ツールのパフォーマンスはよほどいいです。原因をいうと、無償ツールと比べ、有料ソフトは営収を追求するため、常にコピー保護の進化に応じてソフトのアップデートを行います。

5. フリーソフトと有料ソフトで完成品のクオリティに差は出るのか?

フリーソフトと有料ソフトで完成したDVDに差が出るのではないかと感じる人も多いでしょう。確かにお金をかければクオリティが高い仕上がりになりそうな気がします。実際は、クオリティに大きな違いはありません。

しかし、フリーソフトだと圧縮機能がないものが多いため、容量が大きくなってしまいます。DVD内の容量を少しでも小さく抑えたいのであれば、有料のソフトを使った方が無難です。

6. ゲームとDVDのコピーガードに違いはある?

はい、ゲームとDVDのコピーガードにはいくつかの違いがあります。

メディアの形式: ゲームは通常、ディスクやカートリッジといった特定の形式で提供されます。一方、DVDは光ディスクの形式で提供されます。

コピーガードの種類: ゲームとDVDでは、使用されるコピーガードの種類が異なる場合があります。ゲームでは、通常、専用の暗号化や認証技術が使用されます。コピーガードではなくアクセスコントロールによってコピーしたものでプレイできないようにするという仕組みです。一方、DVDでは、CSSやARccOSなどのコピーガードが一般的です。多くの場合は映像を乱したり、意図的に不良セクタを埋め込んだりすることでコピーできないようにします。

複製方法の違い: ゲームのコピーガードは、ゲームディスク自体の保護だけでなく、ゲームコンソールやデジタル著作権管理(DRM)などの他の要素も関与することがあります。一方、DVDのコピーガードは、主にディスク自体の保護に焦点を当てています。

ハードウェア要件: ゲームのコピーガードは、特定のゲームコンソールやデバイスに関連しています。そのため、コピーを作成する際には特定のハードウェア要件を満たす必要があります。一方、DVDのコピーガードは、一般的に一般的なDVDプレーヤーやコンピュータで扱うことができます。

これらの違いにより、ゲームとDVDのコピーガードは異なる方法で保護されており、それぞれに特有の制約と対策が存在します。