DVD DecrypterはDVDからISOファイルを抽出するためのフリーソフトウェア、windowsで動作します。DVDビデオをバックアップする人におすすめです。また、DVDデクリプターはCSSやリージョンコード、ユーザー操作禁止項目除去、Macrovisionで暗号化されたDVDをコピーできます。

実は、DVD Decrypter以外にも無料で利用できるプロテクト解除ソフトも多い。DVDに付いたコピーガードを解除するためのソフトはすべてDVD Decrypterと言ってもいい。そこで今回はDVD Decrypter及びDVDコピーガードを解除できるフリーソフトウェアをまとめてお伝えします。

1. プロテクト付きDVDとは何ですか?

市場で購入するDVDには、通常、別のストレージにコピーすることを防ぐための保護が施されています。そうしたディスクの内容をコンピューターや他のディスクにコピーすることはできません。このような保護が施されたDVDは、コピーガード付きDVDと呼ばれます。コピーガード付きDVDを生成するために主に4種類の保護が使用されます。

1. アナログ保護システム(APS)スクランブル - この保護システムは、Macrovisionという会社によって開発されました。DVDレコーダーがこの保護を検出すると、記録を開始せず、ユーザーに同じことを知らせるメッセージが表示されます。

2. コンテンツスクランブルシステム(CSS)暗号化 - これは40ビットのストリーム暗号アルゴリズムです。ディスク、ドライブ、プレイヤーの3つのパートで構成されています。ディスクには暗号化されたコンテンツと著作権情報が含まれています。ドライブがこの暗号化されたコンテンツを読み取り、プレイヤーがコンテンツを復号化して音声と映像を提供します。このシステムのすべての参加者は、CCAのライセンス契約に署名する必要があります。

3. DVD Disc Corruption - この技術は、破損したDVDセクターが記録時にDVDライターをハングアップさせることができることを利用しています。商用ディスクには、DVDプレーヤーではスキップされるバックセクターが意図的に埋め込まれており、記録時に問題を引き起こします。

4. RC(リージョンコード) - この保護は地球を6つの地域に分割します。ある地域の地域コードで保護されたDVDは、他の地域のプレーヤーで再生することはできません。たとえば、ブラジルで購入した地域コード保護付きDVDは、オーストラリアで再生できません。この保護は、その地域で購入されたプレーヤーが持つ地域コードを使用して強制されます。

2.DVD Decrypter

DVD Decrypter

DVD Decrypterは最も広く使われているDVDコピーガード解除フリーソフトウェア、ライティング機能も備わっており、無料で利用でき、かつ日本語にも対応しているので、高い人気を博しました。チャプターを抽出したり、本編のみをコピーしたりする事ができます。

しかし、公式サイトのDVDDecrypter.comはとっくに閉鎖、開発も停止しました。今はミラーから最終バージョン3.5.4.0をダウンロードできます。windowsだけで動作します。すでに終了しているソフトですから、最新のDVDのコピー/リッピングに対応しない、エラーが発生する場合が多い。また、使い方は少々複雑、初心者には向いていないかと思います。

  • 機能:DVD⇒ISOイメージ/DVDビデオ、ISO⇒DVD
  • 対応コピーガード:CSS,リージョンコード(RC),ユーザー操作禁止項目除去,Macrovision

3. DVD Decrypterの代わりになるDVDコピーガード解除ソフト 11選

DVD Decrypterは最新のDVDに対応しないため、別のDVDコピーガード解除ソフトウェアを利用するしかありません。今回はよく利用される最も人気のDVD復号化ソフト11つを厳選して解説していきます。

#1 DVDFab DVD コピー

DVD プロテクト 解除 フリーソフト

DVDFab DVD コピーはコピーガード解除力が最も強いソフトウェアの一つ、RC、RCE、APS、UOPs、ARccOS、RipGuardなど市販のDVDに付いた保護はもちろん、地デジやBSデジタル放送の録画DVDについたCPRMにも対応しています。DVDコピースピードも超速い。ライティング機能も優秀です。

DVDFabプログラムには独自のCloud Decryption Serviceを搭載しています。つまり、解読データはインストーラーに含まれ、最新DVDがリリースされたら、新しいDVDFabバージョンの配布を待つ必要がなく、オンラインですぐに解除することができます。

DVDを空のDVD/ISOイメージ/DVDビデオに書き込み/リッピングします。ISOイメージ/DVDビデオをDVDにライティングすることも楽です。

WindowsとMACで動作でき、6つのコピーモードが用意され、DVDを無劣化に丸ごとコピーしたり、本編や複数のチャプターだけを抜き出したりすることができます。

永久無料で利用できるフリーバージョンもあり、一年前までのDVDしか対応していません。コピーモードの利用にも制限があります。制限なく最新のDVDをコピーするなら製品版がおすすめです。製品版は30日間で無料体験できます。

  無料ダウンロード Windows 11/10/8.1/8/7
  100%安全(ウィルスチェック済)
  無料ダウンロード macOS 10.10 - 13
  100%安全(ウィルスチェック済)

#2 Passkey for DVD

dvd プロテクト 解除 フリーソフト

Passkey for DVDは、RC、RCE、APS、UOPs、ARccOS、RipGuardなど商用DVDで現在使用されている主要な保護をすべて解除できるWindowsベースのDVDデクリプターです。地域制限やスクランブル、暗号化について心配することなく、どんなDVDでも再生できます。DVDFab社の製品です。DVDFab DVD コピーとの違いは圧縮機能がない、そしてライティング機能がありません。

PasskeyはDVDコピーガード解除のための専用ソフトとして、コピーガード解除力はDVDFab DVD コピー以上、そして、ISOイメージにリッピングする際、保護がつくかつかないか指定できます。最新リリースのDVD保護を解除できるようにバージョンアップも定期的に更新されています。また、PGCの削除、DVD内のタイトルの再生順序の変更、ディスク内に複数の言語がある場合に1つのアプリケーション言語を選択するなどが可能です。

唯一解除できない保護機能は、新しい保護機能2.0とCinaviaだけです。ただし、Cinavia 除去ツールはアプリケーション内で別途購入できます。

無料版はPasskey Lite、永久無料で使えます。ただし、一年前までのDVD/BDのみに対応しているのでご注意ください。

DVDFabと別ソフト、個別にPasskeyをダウンロードする必要があります。

#3 WinX DVD Ripper Platinum

DVD Decrypter

WinX DVD Ripper Platinumには無料版と有料版があります。無料版は5分間だけの動画をサポートしていますが、フルDVDや最新の保護機能を解除するには有料版を購入する必要があります。様々なビデオフォーマットにリッピングすることができます。DVDデクリプターには毎週更新が行われ、DVD上の保護をいつでも解除できるようになっています。保護が解除された新しいディスクを作成したり、ローカルストレージ上にISOファイルやフォルダを作成したりすることができます。対応形式が多くて結構人気のあるが、録画DVDに対応しないのでご注意ください。

このツールで解除可能な一般的なDVDプロテクトには、以下があります:
●    リージョンコード
●    CSS
●    Sony ARccOS
●    Disney ARM
……

無料版でもこのツールを試すことができます。ただし、サポート対象は古い保護に限られ、出力されるビデオにはWinXの透かしマークが付きます。

#4 DVDShrink

dvd プロテクト 解除 フリーソフト

名前が示すように、このDVDクローニングソフトウェアは主にDVDコンテンツを縮小するために設計されています。DVDShrinkは、DVD9をDVD5に変換できます。商用DVDで使用されるCSS、RC、RCEなどの保護を削除するだけでなく、多数の有名な保護を削除するための無料ツールです。そのハイライトの1つは、完全なDVDをリッピングするのにわずか数分しかかからないことです。

ただし、このDVDプロテクト解除フリーソフトは穂20年前に開発停止となっており、バージョンアップを行っていないので、エラーが多く、最新のDVDを解読できません。また、UIは結構古っぽい、おしゃれできれいなソフトウェアがほしい人には非推奨です。

#5 MakeMKV

dvd プロテクト 解除 フリーソフト

ベータ版は無料、Mac、Windows と Linuxで動作します。バレることなくDVDのコンテンツを複製でき、MKVにリッピングします。後でVLCなどで無料で別形式に変換することもできます。

このソフトウェアは、DVDからAACSおよびBD+の保護を無料で削除することができます。不要な字幕やオーディオトラックなどの余分なコンテンツを削除するように設定することも可能です。現在、このソフトウェアはベータ版であり、そのため無料ですが、常にこのようにはならないかもしれません。

#6 DVDSmith Movie Backup

dvd プロテクト 解除 フリーソフト

DVDSmithは、DVD全体またはDVDのメイン映画だけをコピーできます。また、CSS、RCE、APS、UOPsなどの保護を解除することができるDVDプロテクト解除フリーソフトウェアでもあります。

このアプリケーションは、導入される新しいDVD保護技術に対応するために、頻繁にアップデートされています。ただし、公式サイトにそういう記載があるが、実際のバージョンは1.0.8だけ、全然頻繁更新とは言えません。そして公式サイトに日本語アイコンをクリックして切り替えると、全く別のソフトとなり、製品版を購入するよう誘導されます。

出力ファイルは、ディスク上の元の品質と同じ品質で生成されます。これらのファイルは、DVDフォルダーとしてコンピュータのハードドライブに保存され、PlayerFab、VLC Player、またはWindows Media Playerなどの優れたメディアプレーヤーで再生できます。

#7 Freemake DVD Ripper

dvd プロテクト 解除 フリーソフト

Freemakeは、H.264 / AACコーデックでDVDをリッピングし、1:1無損失ビデオを提供します。DVDのデジタルコピーを作成したり、スマートフォンでデジタルコピーを再生したり、バックアップ用のISOイメージを作成するなど、さまざまなタスクに使用できます。20+の動画形式に対応しており、各種のDVDをサポートします。

DVDリッピングを行う前に、ビデオのカットやトリミング、余分な字幕やオーディオトラックの削除など、基本的なビデオ編集タスクを行うことができます。また、DVDが暗号化されている場合は、非破壊型保護を解除する高速なDVDコピープロテクト解除ソフトウェアとして機能します。ただし、Freemakeは、Region-Lock保護の解除に得意ですので、CinaviaやProtection 2.0などの保護を解除する人におすすめです。

Freemakeを使って無料でDVDをコピーできますが、変換後の動画に大きな透かしがあり、快適に動画を楽しめません。

#8 123 Copy DVD Gold

DVD Decrypter

この製品について聞いたことがなくても、競合他社に引けを取らない製品��あることを意味しません。DVDのデジタル化だけでなく、ビデオ編集、ビデオ変換、オーディオ変換、DVD復旧機能も提供します。CSSや地域コード保護されたDVDの1:1無劣化コピーを作成することができます。

コンピューター上でディスクのコピーを作成する前に、ビデオのフォーマットを変更して、出力を任意のデバイスやオンラインで共有することができます。ビデオエディターを使用して、画像、クリップ、およびオーディオクリップを組み合わせたパーソナライズされたビデオを作成することもできます。

近年来もう販売停止されているみたい、日本語にも対応しません。

#9 Aura DVD Copy

DVD Decrypter

Aura DVD Copyは、DVD圧縮とDVD暗号化の機能を備えたDVDコピーおよびリッピングソリューションです。先進技術により、不良セクタを保護メカニズムとして使用する保護を含むさまざまなDVDプロテクトを除去します。

Windows XP以降のすべてのWindowsバージョンで利用可能ですが、MacやLinuxには対応していません。コピー、圧縮、ライティングだけではなく、書き込み可能なディスクを消去するためにも使用できます。30日間の返金保証と素晴らしいアフターセールスサポートを備えたプレミアムソフトウェアです。日本語に対応していません。

Aura DVD Copyは有料、無料版はDVDSmith Movie Backupになっています。

#10 Leawo DVD Copy

 dvd プロテクト 解除 フリーソフト

Leawo DVD Copyは、CSSおよびリージョンロック保護技術からのDVD復号化に加えて、高速な、DVDダビングとコピー処理を提供します。フルムービー、メインムービー、カスタムモードの3つのモードでコピーすることができます。DVDをクローンするだけでなく、DVDのISOおよびムービーフォルダをコンピューター上に作成することもできます。ただし、無料版はなし、体験で5分間のみがコピーできます。

#11 Pavtube ByteCopy

 dvd プロテクト 解除

このDVDプロテクト解除ソフトウェアは、無料ではないが、空白のDVDまたはパソコンにDVDをコピーまたはリップする事ができます。保護されたまたは保護されていないDVDを空白のDVD / ISO / DVDフォルダーにコピーすることができます。Sony Arccosや地域保護からDVDの保護を解除することができます。

さらに、MP4、H.265、AVI、MKV、WMV、MPG、M4Vなどのさまざまな形式でビデオファイルを直接コンピュータにリッピングすることもできます。生成された出力ファイルは、元のバージョンのロスレス版です。このアプリケーションは、MacおよびWindowsオペレーティングシステムの両方で利用可能です。

4. ブルーレイコピーガードの解除方法は?

DVDプロテクションの解除はブルーレイの解除に比べると頻度が高いです。優れたメディアソフトウェア会社のみが良いブルーレイデコーダーを作成しています。ブルーレイ映画の製造は、制作会社にとってコストが高い、そのため彼らもこれらのディスクの不正なコピーを防止するように工夫しています。

しかしながら、色々な原因で自分のブルーレイと4K Ultra HD Blu-rayを解読する必要がある場合もあります。その時最高のブルーレイデコーダーであるDVDFab Blu-ray コピーの利用がオススメです。Cinavia保護を含めてすべての保護を削除することができます。ただし、Cinavia除去は追加費用があります。他のリッピングソフトによって作成されたISOやBlu-rayフォルダには再生バック(Screen Passなど)がある場合でもそれらのツールで除去されなかった残留保護を修正するために使用できます。

Cinaviaを除いて、DVDFab Blu-ray コピーは最新のBD+プロテクション、15世代のBD+および3D BD+、AACS MKB v 26およびAACSバス暗号化、リージョンコード、BD-Live、およびBlu-rayのUOPsなどを除去できます。このブルーレイデコーダーを1回クリックするだけで、あなたのブルーレイをどの地域でも再生可能にします。解読されたブルーレイをISOまたはBlu-rayフォルダ形式でコンピューターに保存することができます。また、保護なしでブランクブルーレイに書き込むこともできます。

生成された出力ファイルは、編集、ビデオ/オーディオコーデックの変更、または任意のマルチメディア処理ツールでのその他のアクティビティのためにさらに処理することができます。 バージョンアップは定期的に行い、新しい保護や保護性能を向上させるアルゴリズムの変更に対応しています。

以下では、DVDFabが解除できるプロテクトをいくつか紹介しますので、保護されたブルーレイディスクを解読するために必要な技術知識をご確認ください。ただし、DVDFabで解除できるプロテクトはこれだけではなく、それ以外のものにも対応しています。

1.BD+:このブルーレイプロテクトシステムは非常に強力で、多くのメディア会社はHD DVDの代わりにブルーレイをメディアキャリアディスクとして使用しています。

この保護メカニズムは、ブルーレイプレーヤーに組み込まれた仮想マシンの助けを借りて機能します。 これにより、著作権所有者は、ホスト環境のいくつかのパラメータをチェックし、プレーヤーのキーを検証し、さもなければ再生不可能な特定のオーディオやビデオの一部を変換するプログラムをブルーレイディスクに含めることができます。

2.AACS MKB v 26は、ディスク上のコンテンツが暗号化されたBlu-ray保護です。暗号化されたメディアコンテンツに加えて、ディスクには暗号化された形式でボリュームID(VID)、暗号化されたタイトルキー、およびMKBが含まれています。

プレーヤーには、各モデルに固有のデバイスキーがあります。これらのキーの1つが使用されてMKBを復号化し、メディアキーを取得します。このメディアキーは、ディスクに存在するボリュームIDと結合され、最終的にBlu-rayのマルチメディアコンテンツを復号化するために使用されるタイトルキーを取得します。

3.AACSバス暗号化は、PCベースのプレーヤー用に特別に作られた暗号化方式です。これはPCプレーヤーの暗号化を追加して、Blu-rayプレーヤーとディスク間の通信をより安全にします。この暗号化方式は動的キーを使用するため、AACSキーを知ろうとする試みは無意味となります。

まとめ

今回はDVD Decrypter及びそのかわりになるDVDプロテクト解除フリーソフトウェアをご紹介しました。中では、最もおすすめなのはDVDFab DVD コピー、制限あるが、永久に無料で利用できます。無料版はBDにも対応しているので、ぜひ試してください。BDの場合はブルーレイ Decrypterをクリックして確認してください。